スタッフブログ

テストが…難しい!!【北街道校/葵区】

夏期講習も終わり、教室の雰囲気も落ち着いてきました。

夏期講習中は、早い時間から皆がいて、一人の時間はありませんでしたが、現在、一人ぼっちの時間の方が長いです。

ワサビ味の柿ピーをつまみながら、一人寂しく仕事をしております

 

そんな話はおいておいて、気になるのはやはりテストですよね。

北街道校の生徒は、6,7月とテストがなく、今回の8月、9月のテストが今年初のテストとなりました。

 

結果も徐々に返ってきて、テストの問題も見せてもらいました。

それを見た私の感想は、

 

「あれ?難しくない?」

 

主に中学2年生に該当しますが、特に理科は単元自体も難しいということもありましたが、実験は、学校で触れないようなもの、記述も多くかなり難しい内容。社会は理科と同じく、記述や資料の読み取り、英語では長文読解(そこまで長くはありませんが)が何題かあり、これまでとは傾向が違っていました。

問題の形式は、まるで静岡県学力調査のようです。中途半端な理解度では間違いなく点は取れないでしょう。

実際、何名か撃沈した生徒がおりました。

 

ただ、見慣れない問題、やったことのない問題を行うのは、受験では当たり前です。

これまで身に着けた知識を利用して考えていく。問題が変わろうと、考えるための土台は共通しております。

確かに難しい問題ではありましたが、少し考えれば、分かる問題もあったかと思います。

「なんだこれ、全然分からない」「こんな問題見たことがない」「習っていない」

このような考えが先行してしまうと、思考停止に陥ってしまいます。

 

先生たちが、コロナのうっ憤を晴らすために気合を入れたという可能性?もありますが、ある意味、生徒たちにとってはいい経験になったかもしれません。保護者の方は心情、穏やかではないかもしれませんが…。

 

今後の受験のことを見据えて、今回の経験を通して何を感じたか、どのようにしていけばよかったのか、考えていく中で、徐々に受験を見据えての準備をしていきたいと思います。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 北街道校□■
   教室直通:054-246-3002

 

 

コロナ化での全国学力調査【清水町湯川校/駿東郡】

東京ではコロナが収まってきたと思ったら、また少し増えて、というようになかなかに収束の目途が立っていない状態ですが、今後どうなっていくのか、まだまだ目が離せません。

 

そうした中ですが、全国学力調査の実施方法に関するニュースがありました。

変更点としては2点

①4月20日に実施予定だったテストを1か月後ろに倒す

②学校によっては紙でのテストからコンピュータを使用したテストに切り替える

 

このような意見が出ているようです。

 

対象となるのは、小学校6年生と中学3年生となりますが、前年度のリスニングに引き続き、新しい試みとなります。50~80校で実施するとの見解だそうですが、今後の広がり方次第では、更に実施する学校が増えてくることになるかと思います。

 

今後、話し合いが行われていくことになりますが、どのような状況になっても、力が発揮できるように、今のうちに頭の中に入れておく必要がありますね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 静岡本通校□■
   教室直通:055-976-5477

大学でのオンライン授業【静岡豊田校/駿河区】

最近、気になるニュースがありました。

それは、「立命館大学でのオンライン授業に対する大学生の意見」に関することです。

 

県内でも、オンライン授業に移行して、「学校に行くことがなく、友達とも会う機会が減った」「課題レポートの数が尋常ではなく、大学に行くよりも大変だ」といった情報を聞くこともありました。一方で、県外に通っている方の場合は、「交通の時間を取られることがなく楽だ」と言っている方もいるとか。

 

今回のニュースでは、どちらかというとマイナスのイメージが強かったです。

大学でしかできないこと、コミュニケーションであったり実験であったり、そうした施設を利用することができないことから、学費を払う意味があるのか?

・そもそもオンライン授業では、内容が分かりにくい

・休学・退学を検討している

 

様々な意見が出ておりました。

 

今回、生徒の声が出たことから、9月以降は対面の授業をスタートしていくことになったとのことです。

 

小中高では、既に授業が始まっており、Go to トラベルなどが出ている中、大学生のみが、なかなか3月、あるいは4月から、時間が止まってしまっている状況です。

 

精神的にもかなり疲弊している状態。

小中高の自動・生徒でも昼夜逆転や学校に行きたくないと考えてしまう割合が増えている状況。

大学生であれば、そこに就活や実習が追加されていきます。

実際、塾の講師の方でも、教育実習などがなくなってしまい、現場を知る機会がなくなってしまった学生もいます。

 

それらの補填や経験をどのように補っていくのか、これからの対応が重要になっていきます。

 

ちなみに私たちの場合は、この影響を受けるのが、受験に関してです。現在、高校受験、大学受験、様々な所で、私たちが経験したことのない事態に陥ってしまっております。

何を目的に?どうした勉強をしたいのか?といったことはもちろん、こうした事態にどのような対応をしているのかなど、そうしたことも考えていかなければいけなくなりそうです・・・。

 

ちなみにですが、掛川の高校では、こうした未曽有の事態の中、不安を抱えている高校受験生に対して、高校生が受験に関してのアドバイスを行うという活動を行っているそうです。

 

もしかしたら、こうした事態に対して一番敏感なのは、行動を起こすことができるのは、子供たちなのかもしれませんね。

負けていられません。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 静岡豊田校□■
   教室直通:054-269-4380

感染対策強化してます!!【安倍川駅前校/駿河区】

毎日ニュースで新たな感染者が発表されております。

なかなか収まらないですね。

 

保護者の中には

「塾での感染が心配」

「塾内でどのような対策をしているか不安」

といったご心配があるかと思います

 

そこで、今回はヒーローズ全校舎での感染対策を紹介します

 

①入室時のマスクの徹底

ヒーローズでは原則マスクを持っていない場合の入室をお断りしております

 

②手、机の消毒の徹底

入室時は手の消毒、生徒の入退室時には机やドアノブなどの消毒を行っております

 

③換気の実施

教室内は空気清浄機と換気扇を常時使用しております。

また授業ごとに教室の出入り口を開放し換気を行っております

 

教室内での感染拡大が発生しないよう徹底しております

 

~☆~~☆~ヒーローズ安倍川駅前校~☆~~☆~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  

  安倍川駅前校へのお問い合わせはこちらへ
      054-266-6991
~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆

市内でもクラスターが・・・【手越原校/駿河区】

夏期講習も残りわずかとなりました。

校内テストの生徒も、静岡県学力調査がある生徒も、ラストスパートをかけているところでございます。

 

そんな中では御座いますが、静岡市内でもとうとうクラスターが発生してしまいました。

会社内などの職場クラスター、飲食店でのクラスター、人数自体は少ないものの、非常に身近なところで起こるようになってきました。

 

会社によっては、テレワーク対応を行っているところもありますが、学校においては夏休みも終わり、学校生活が始まりました。

 

正直、友達と遊んでしまったり、旅行に出かけたりと、外に出る機会が多くなってきていると思います。

これまでどこか他人事のような、どうせ静岡は大丈夫だろうと感じていた人が少なくないと思います。

そうした意識をなくしていかなければ、いつ、どこで感染するか分からなくなってしまっている状況となってしまいました。

手洗い、うがい、物の貸し借り、そうした部分を、自分自身でもう一度気を付けるようにしていきましょう。

 

このように言っておりますが、私たちも例外ではありません。

机の位置や間隔、教室内の換気や消毒など、これまで以上に徹底していく必要があります。

9月に入り、インフルエンザも徐々に出てくるようになります。コロナとインフルエンザ、ダブルパンチとならないように、生徒にも保護者の方にも注意喚起をしております。

 

新学期が始まり、気持ちを新たにするとともに、もう一度気を引き締めて過ごしていくようにしましょう!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 手越原校□■
   教室直通:054-269-5717

社会の単語が覚えられない【馬渕校/駿河区】

夏期講習も後半戦、校内のテストまたは静岡県学力調査に向け、ラストスパートをかけております。

 

コマ数が多くなる中、最初は疲れ果てた顔をしていた生徒たちも、リズムに慣れてくる中で、集中して取り組むことができるようになってきており、夏期講習当初に比べると、顔つきが変わってきていることが目に見て分かります。この調子で、体調を崩すことなく、テストに臨むことができるようにしていきたいと思います。

 

さて、そんな中では御座いますが、どうしても社会が苦手な子がおり、「単語が覚えられない!」と嘆いておりました。

暗記科目ということもあり、繰り返し勉強するしかないのですが、正直、それでは社会が苦手・嫌いな子では覚えることが難しいですし、そもそもやる気になりません。

 

しかし、こうした悩みを抱えている方は結構多いのではないでしょうか?

 

今回は、そのような場合、どのような勉強法をしたらよいか、書いていきたいと思います!

まず、暗記をする上での失敗例を押さえておくことが大切です。

基本的に失敗する例としては、このようなことが多いです。

①教科書を丸暗記しようとする

②出来事だけ覚えて、理由等を把握できていない

③字面だけでイメージができていない

④そもそも反復が足りない

⑤一人で勉強しようとする

 

上で挙げた失敗例を解決できれば、今よりも覚えることができますし、時間も短縮できます。

では、実際にどのように勉強していくかを説明します。

 

①自分の中で優先順位をつけ、情報をまとめる

今回は歴史を例に挙げますが、「学校の歴史は政治史だ!」と揶揄する人がいるように、その時代の時代背景と政治の仕組みが重要になります。平安時代ならば、貴族が実権を握り、平安後期からは武士による支配が始まる。武士による支配はどのようになされたかというと、御家人と将軍の土地を媒体とした主従関係から成り立っている。このことを中心に、様々出来事が起こっていきます。そして、必ず時代には終わりがきます。

そのため、まずはその時代の特徴をつかむ。そこから、なぜその時代が終わるのか。その終わるまでに、どのようなことがあったのか。という大まかな流れをまとめます。

そして、その流れを押さえたのちに、更に細かい情報を付け足していく。

 

いっぺんに覚えようとしても、なかなか難しいです。自分の中で優先順位をつけ、流れを把握・整理し、それが

出来たら新たな情報を足していく。

こうしたプロセスを踏んでいくようにすると、かなりやりやすくなります。

 

②友達と問題の出し合いっこをする

一人で黙々と勉強するのもいいですが、頭の中で反復していても、インプットだけでアウトプットができなかったり、声に出して覚えたりする機会が減ってしまいます。英単語もそうですが、五感を使って覚えることは大切です。

インプットができて声に出して覚えることができる、しかも楽しく。

こうした条件を満たす方法が、友達と一緒に勉強をすることです。

問題を出す側と答える側に分かれ、一問一答形式で問題を出していったり、慣れてくれば、どのような出来事かを説明させたり、理由を答えさせたりする中で、答える側は、自分がどれだけ覚えているかを把握できるし、出す側は、どのような出来事化を確認することができます。

他にも、友達が先生になって、教え合う、というのも一つ手です。

私も高校時代やっていましたが、楽しく勉強することができるため、おすすめです。

 

③字面だけで覚えようとする

これは正直、私も勉強するときにやりがちでした。社会は人々の暮らし等に直結するものが多いです。そのため社会の教科書にも生活のようすや、歴史的な史料が多く添付されています。その理由は、文字の説明と、実際の絵をリンクさせることで、当時の生活の様子や実際の暮らしのようす・現状をイメージさせやすくさせるためです。

地理は現代のことがほとんどなので、分かりやすいですが、歴史となると、自分が経験したことのない、想像の世界になります。

そのため、こと歴史に関しては、史料を見ながら覚えるかどうかは重要なポイントとなります。

 

まだまだ覚え方やコツは多くありますが、まずはできることから、帰ることができるものから取り組んでいくようにしましょう!!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 静岡馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

夏期講習後半戦【北街道校/葵区】

夏休みも残すところ後2週間。少なくなってまいりました。
宿題等、しっかりと終わっていますでしょうか?コロナの影響で成績の付け方の比重も変わっているはずです。提出物関係は必ず、事前に終わらせ期日に間に合うようにしましょう!
 
さて、話は変わりますが、ヒーローズの夏期講習もいよいよ後半戦に入ってまいりました。
中1、中2は復習も終わり始め、テスト対策へ。
中3生は、模試の結果から更に苦手な分野を洗い出し、弱点克服に向け新たに取り組みを始めているところであります。
 
今年は学校の日程も少し伸び、学校の授業がある中で、コマ数を増やしていきました。最初こそは、ヒーヒー言いながら来ていましたが、かなり慣れてきたのか、当初よりも集中力が増してきております。
 
北街道周辺の学校は、テストが一回きりの学校が多いです。
中3生はもちろん、中1・中2に関しても、大きく成績にかかわってくることになります。
 
自分にとって何が必要なのか、今一度考え、この貴重な夏休みを過ごしてほしいと思います。
 
次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 北街道校□■
   教室直通:054-246-3002

自由研究【安倍川駅前校/駿河区】

夏休みが短くなる中で、東京などでは宿題が出されなかったりする学校もあるようです。静岡はどうですかね?話を聞くと、普通に出ているようですが...。
算数や国語だけなら良いですが、読書感想文、そして自由研究、なかなかに手強い課題が今年も出されているようです。
特に自由研究は題材、内容含めてかなり悩むところ。
そのような中、愛知県豊橋市の小学生の自由研究が話題となっていました。
自由研究の内容としては、庭の雑草を排除するというもの。
排除する理由としては、「庭で花火をするため」とのことです。
一体この話の何がすごいのかというと、実はその研究は小学校3年生から継続していたとのこと。
現在雑草を駆除しようと、あらゆる策を講じますが、なかなか殲滅まではいかない。
しかし、そこで諦めるのではなく、新しい発見をしては、対策を考え実行し、失敗しては新たに考えを模索し、実験していく。これを繰り返していくことで、より深い研究へと成長させていきました。
正直、同じ研究を継続して行うという発想は、僕の中では考え付きませんでした。
自由研究のコールセンター的なものがると伝えたり、YouTubeで面白い実験を見つけたり、早いうちから興味のあることを調べさせたりとアドバイスしてきましたが、これはぜひ、真似したくなるような話だなと感じました。
 
研究はすぐに終わるものではありません。こうした試行錯誤を行うことでより深い探究活動へ昇華していきます。今回のこの話は、研究とは何かを教えられるとともに、子供たちへの意識づけにつながる話でした。
 
ぜひ、保護者様に置かれましても、継続してできること、興味のあることを今のうちに探してチャレンジしてみては如何でしょうか?
 
次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 安倍川駅前校□■
   教室直通:054-266-6991

オンラインの恩恵【三島校/三島市】

最近、静岡でもコロナウイルスの感染者が増えてきていますね・・・。

東京では300人を超える人々が感染したりするなど、まだまだ油断できない状況が続いております。

 

しかし、悪いニュースばかり流れる中で、いいニュースもありました。

それは、「不登校であっても、家で気軽に学ぶことができた」という事例が多くあったことです。

 

通信制の学校に通っていて、レポート課題などはしっかりと出すことができていた。しかし、数回スクーリングしなければならない中、行くことができず、単位が危うくなってしまっている。

 

そんな中、コロナウイルスでオンライン授業に移行し、スクーリングせずに単位を取得することができた。

 

また、別の事例では、これまで学校に行けなかったが、オンライン授業で授業を受ける中で、学校に行く意欲が出てきて、休校明けから通うことができるようになった。

 

こういったプラスの方面にも、影響を与えたものがあります。

 

不登校になる理由は様々です。

「勉強が嫌いになって」「人と接するのが苦手で」「できるようにならなきゃというプレッシャーが強くて」

いろいろあります。

 

「本当は勉強したいけど、でも行くことができない」

 

そうした子供たちを救うことになりました。

 

これから先、タブレットを一人一台配布され、ICTを活用した教育がなされていくこととなります(まだ話し合いの段階)。

そこにプラスして、コロナウイルス等が絡んでくるとなると、こうしたオンライン授業の動き等はさらに強まってくるかもしれません。

 

コロナウイルスは世界にとっても大きな脅威です。しかし、様々な対応がなされる中で、技術的にも、人々の考えにも、大きな変化をもたらした出来事でもあります。

 

これから先、直近では学校の授業や入試など、どのように変化していくか、対応がなされていくか、感度を高くして引き続き見ていく必要がありそうです。

 

とはいえ、わたしたちができることはまだまだ限定的です。

現在、夏期講習真っただ中ですが、一人一人にとって何が必要なのか、何をしていくべきかを考えて授業を行っております。

 

これから先、どのようなことがあっても対応できるだけの力をつけておく必要があります。ぜひ、こうした出来事を悲観的にとらえず、どのように対応していくべきか、という姿勢で取り組むようにしてほしいと思います。そしてそのサポートをぜひ、我々がさせていただきたいと思いますので、いつでもご相談くださいませ!

夏【北街道校/葵区】

最近、強い雨が降ったりやんだりを繰り返しており、安定しない天気が続いております。

塾生の中にも、「こんな天気で気持ち悪い」という子もおり、気分的にも沈んでしまいがちな日が続いております。

 

そんな中では御座いますが、今日は個人的に嬉しいことがありました。

 

バス停でバスを待っているとき、「暑いなー」と思いながら待っていると、

何と蝉の声が聞こえてきました!

 

私、個人的に夏の季節が好きなんです。

冷房の効いた部屋で待ったりするのも好きですし、太陽に当たりながら散歩をするのも好きですし、とにかくこの季節が好きなのですが、この蝉の声を聞くと、一気に夏になった感じがして非常にうれしくなりました。

 

とはいえ、そのあと天気も悪くなり、聞けたのはほんのわずかではありますが、なんとなく嬉しい一日でスタートできました。

 

さて、そんな夏を感じることができる出来事ですが、実はもう一つあるんですね。

 

夏期講習です

 

7月1日よりスタートしまして、現在進行形で実施しております!

コロナの影響で、いろいろとカリキュラムがずれ込み、8月のテストに向けて予習をしている子が多いですが、ある程度したら、本格的に復習を行っていきます。

 

テスト範囲も学校によっては出てきておりますが、やはり広いです。しかも、かなり時間が経ってしまっているため、忘れているところも多くある。そして、そのテストが終わってからは、さらに難しい単元が控えている・・・。

 

テストに向けてもそうですし、テスト後のカリキュラムに関しても、今のうちから進めておかなければ、かなり恐ろしい結果が待ち受けてしまうことになります・・・!

 

目先のテストも大事ではありますが、こうした先のことを見据えた学習を行っていくことで、生徒たちが後々困らないように、カリキュラムを組んでおります。

 

今年の学生は例年以上に大変です。休校期間中、勉強をやらずに学校が始まってから、全くついていけていない、学校の学習スピードについていくことができない、今後の学習が不安、そうした悩みを抱えている方は、ぜひ、ご連絡くださいませ!

 

夏期講習は始まったばかり。まだまだ生徒の募集を行っておりますので、興味のある方はお願い致します!

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ