スタッフブログ

最古の証拠、発見【三島校/三島市】

小・中・高校生はもちろんですが、保護者様におかれましても、学ぶ機会があったかと思います。

しかし、歴史というのは、日々、新たな発見がある教科で、私たちが習ったこととは別のことが今の教科書に載っていることがあります。

 

例えば、黄河文明が中国文明になっていたり、1192年鎌倉幕府が1185年になっていたり、最初の人類がアウストラロピテクスアファレンシスだったのが、サヘランドロプスチャデンシスとなったりと、ほかの教科に比べると、変化が多い教科です。

そして今回、新たな発見がされました。サウジアラビアの砂漠で調査をしているときに、12万年前の人類が移動していたであろう足跡が発見されたとのことです。

足跡の時期としては、間氷期の頃とみられ、湿度が高いことから砂漠の移動が容易となり、通過したとみているそうです。

 

正直、教科書に載るかは微妙なところですが、もしかしたら資料集などで追加されるかもしれません。

しかし、こうした出来事が日本の歴史において起こる可能性が、まだまだあります。長篠の戦いで織田軍が使った鉄砲の数が三千丁という説や千丁という説、邪馬台国が九州にあるという説や近畿にあるという説、これらが解明されることがあれば、更に教科書の内容が変わることになります。

 

そうした際に、しっかりと確認していく必要があります。

「今までの知識で解いていて、テストで間違えてしまった!」

ということにもなりかねませんので、ニュースであったり、授業の内容の確認を怠らないようにしましょう。

 

もしかしたら、テストでも時事ネタの問題として出てくるかもしれませんので、勉強の一環として確認をする習慣をつけておくとよいと思います。そうすれば、他のニュースも見ることにつながるので!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 三島校□■
   教室直通:055-988-3818

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ