スタッフブログ

本日はクリスマス!【登呂校/駿河区】

本日はご存知クリスマスです!みなさん如何お過ごしですか?ケーキやチキンを楽しみにしている方、プレゼントに期待を膨らませている方など様々だと思いますが、クリスマスの起源はご存知ですか?一般的にはイエス・キリストが誕生した日として伝えられていますが、実は少し違ううです。本日は、そんな歴史の謎を少し紐解いてみたいと思います。

 

クリスマスは、今から約2,000年前の12月25日にイエス・キリストが誕生したことのお祝いという意味があり、キリスト教徒の礼拝が世界中に広まったものですが、一方で12月25日にイエス・キリストが生まれたという記録が残っているわけではなく、聖書の記述によるとイエス・キリストの誕生日は10月の1日もしくは2日が有力とされている説や、9月15日説を唱える天文学者もいて、詳細は不明となっているのが現状です。

 

それにも関わらず12月25日がクリスマスとなったのには、古代から行われていた「冬至の祭り」が関係しています。当時のローマ帝国では、太陽を神と崇める太陽信仰を行っていましたが、秋から冬にかけて日照時間が短くなると死が近付くと恐れられていました。ところが、冬至を境に日が長くなることから、それを太陽の復活としてお祝いしていました。やがてその冬至の祭りが、「世の光」と呼ばれていたイエス・キリストの誕生日としてお祝いされることになり、12月25日がイエス・キリストの誕生という現在のクリスマスの起源になったとされています。

 

ちなみに、クリスマスイブはChristmas Eveと書くため、eve=eveningから前夜と捉えている方もいらっしゃいますが、実はこれは少し間違いなのです。イエス・キリストがいた時代は、ユダヤ歴という暦が使われており、それによると1日の始まりは太陽が沈む夕方でした。つまり、クリスマスイブは前夜という意味ではなく、クリスマスの始まりという意味になります。

 

如何でしたか?一般的に知られている歴史でも実は少し違っている歴史もあります。そんな歴史を探るのも、また面白いと思います。

 

個別指導学院Hero’s登呂校

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ