スタッフブログ

いいにくい事を言う【手越原校/駿河区】

 

今年の冬は暖かいと言われておりましたが、先週よりも徐々に寒くなってきております⛄

 

12月も中頃になり、年末年始に向け、忙しくなるころと思います。

急な寒さによる体調不良には、くれぐれもお気をつけ下さい💦

 

まだ、近隣ではインフルエンザの話は聞きませんが、時期的に流行りそうな予感も…

手洗い・うがいも毎回していきましょう!

 

 

さて、最近私は、友人に借りたまま返していないDVDがあることに気が付きました💧

 

もちろん、急いで連絡をして、今度会うときに渡す約束をしましたが、

親しい友人でも自分に負い目がある時など、言い出しづらい話題がある事かと思います。

 

そんな時、話し方次第で、嫌な話もスルッと言えるようになるコツがあります。

 

それは、「話しかけの一言」+「言いにくい内容」+「提案の形で終わる締めの一言」で伝えることです。

 

言いづらいことほど、本題に入る前に「言い訳」や「自分の事情」を入れてしまいがちです。

 

しかし、相手からすると、そういった内容を聞くほど、誠意がないと捉えてしまうものです。

 

言いにくい内容の話ほど、なるべく客観的な事実だけを述べて、相手からの信頼感を得られるようにしましょう。

話しかけ方は、(人にもよりますが)「○○さん、話したいことがありまして…」「この間のお金のことで話したくて…」など、

ワンクッション置くイメージで話始めましょう。

 

その後に続く内容ですが、話始める前にしっかりまとめておくことが重要です。

長々した中身では、「何が言いたいの?」「結果はどうなのか?」と、相手をさらにイライラさせてしまいます。

 

簡潔な中身を話した後は、そのことについて自分がどうするのか、提案する形で終わりましょう。

「だから、今度会った時に返すね」「次回からは○○するよう気をつけます」など、しっかり自分から提案することで

相手にも良い印象を与えることが出来るかと思います。

 

この会話術は、どんな相手にもどんなシュチュエーションにも応用ができます。

 

何か言い出せない時、使ってみてください😊

 

~◇~◇~◇ヒーローズ手越原校~◇~◇~◇~
お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
お気軽にご連絡ください
教室直通:054-269-5717
フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ