スタッフブログ

頭がよくなる睡眠、バカになる睡眠

塾生でも勉強の為に睡眠時間を削って勉強をしており、あまり寝ていないという生徒がいます。

 

大人でも徹夜すると、翌日のパフォーマンスが下がることは誰でも実感する事でしょう。

「睡眠負債」の怖いところは、そういう自覚がないことが多いです。

 

ちゃんと寝れている!!という人が、実は”借金まみれ”という場合もあります。

睡眠の科学者がいうには、最適な睡眠時間には個人差があり、「平日はだいたい5時間の睡眠が通常パターン」

という人が、本当は7時間の睡眠が適切という場合もあります。

本当は7位間の睡眠が適切という場合もあります。

そのマイナス2時間が日々に蓄積されていくのが睡眠負債です。

寝る時間と言っても、ベットに入っているのが5時間であれば、本当に眠っている時間はさらに短くなります。

 

自分がちゃんと眠れているのか…

① 起きた時にスッキリ感がない

② 午前中に眠くなる

③ 布団に入るとすぐ眠りに落ちる

 

どうでしょうか…

当てはまる人もいるのではないでしょうか…

 

②は午前中という点が重要で、目覚めてから3時間~4時間経った頃は脳の働きが最も活発になるとき。

この時間帯に眠くなるのは睡眠負債が原因だと考えられます。

上記の症状があり、続いていくと、日々の生活に大きく影響し、脳の機能が低下して短期記憶の

働きが悪くなり、単純ミスや物忘れが多くなります。

 

 

1日6時間睡眠が2週間続くと、脳の働きは2日徹夜したのと同程度になるそうです!!

 

 

ここで注意してもらいたいのは、「負債」と表現してありますが、週末などに寝だめすれば返済できる

というわけではないことです。また、貯蓄もできません。

睡眠も勉強も計画的でなければいけない ということですかね…

 

睡眠に関しても、快眠を促進する「脳波サウンド」アプリなどの睡眠サポートアプリも多くあります。

学生だけでなく、睡眠負債のある方は試してみてみるのもいいかと思います。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 

      😀 個別指導学院Hero’s 本通校 😀 
      教室直通:054-251‐5220

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ