受動態『be surprised at 』【馬渕校/駿河区】

「~に驚く」という言い方は、英語で「be surprised at ~ 」を使います。

例えば、「彼はその知らせに驚きました」という時には、

He was surprised at the news.となります。

be動詞と過去分詞が用いられていますから、受け身の形をしています。

よって直訳すると、wasが「ました」surprisedが「驚かされ」となり、
全体では「彼はその知らせに驚かされました」とできます。

よくよく考えてみると、英語のほうが理屈に合っています。

ある知らせを聞いて、自分の意思でびっくりする人などいません。

厳密に言うと「驚いた」という言い方のほうがおかしいのであって、
「驚かされた」の方が正しいのです。

しかし、長い間この言い方になれてきたので実際には「驚かされている」にも拘らず、
「驚いた」と表現しているのです。

また、「私は沖縄で生まれました」は、I was born in Okinawa.と英語で表現します。

bornは、bear-bore-bornの過去分詞に当たるもので、bearは「生む」という意味なので、
受け身で使われる過去分詞のbornは、直訳すると「生まされ」となります。

したがってwas born の部分は、「生まされました」となるわけです。

さらにbyを用いれば「by my parents(私の両親によって)」を付け加えることができます。

この「生まれました」の言い方も、自分の意思で生まれてきたような言い方になるので、
実際は奇妙な言い方なのですが、習慣的になって変だとは感じないのです。

ただ、霊的な世界では、人はその両親を選んで生まれてくるという考え方をします。

言葉の言い回しで、国民の考え方も見えてくるというのは面白いですよね。