1~9を使って答えが100【馬渕校/駿河区】

数字の1から9を使って丁度100になる計算式を小町算といいます。

この名前の由来は小野小町のように美しい数式、あるいは夢中になって解いているといつのまにかお爺さんかお婆さんになってしまうということから名づけられたとか、小町の有名な和歌である「花の色は移りにけりないたづらに、我が身世にふるながめせしまに」とを関連づけて名付けられたなど所説あります。

1から9までを順序良く並べた場合は、1+2+3+4+5+6+7+8×9=100があり

他にも12や345のように二桁や三桁にしてもいいとなっています。

四則のどれを用いても良いとなっていたり、足し算と引き算のみとか、いろいろな出題の仕方があるので、


解答例がたくさんありました。

そこで、1から9までを順序良く並べなくてもいいから、一桁ずつでとにかく100になる数式を作ることに挑戦してみました。

これが、簡単にできそうでなかなかできません。

小学生以上のお子様がいらっしゃれば一緒に考えてみるとおもしろいかもしれません。


いろいろ試してやっと正解を出すことができました。

みなさんはもう解けましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 



(4+6)x9+(8ー5)+(7ー3)+1+2=100です。

この方法でも解答例はたくさんありそうです。

皆さんも是非挑戦してみてください!