馬渕校

模試を行いました🚩【馬渕校/駿河区】

 

先日8月7日は、夏期休校中でしたが、受験生を集めて、第一回模試を行いました。

 

今回の模試の内容は、9月に行われる第一回静岡県学調と同じ範囲でしたので、

一足早く学調の予行練習ができたというものでしょうか。

 

普段の授業とは違い、一人一人が集中して行う模試。

現在の中3生は初めての模試でしたので、どうなるかな…と少し

心配していましたが、生徒の皆さんしっかり集中してくれていました。

緊張感のある空間で行えたことは、よかったのではないかと思います。

 

模試の結果は近日中に届くことになりますが、現在の志望校なども書けますので、

ほかの塾生や学校の生徒がどれだけライバルになるのか、

そして、今の実力でどれくらいの判定が出るのかなどが分かります。

 

良い結果でも慢心せず、県学調に向けて残りの夏期講習もしっかり勉強していきましょう!

 

悪い結果だった皆さんでも、志望校をあきらめる必要はありません。

まだまだ、時間はあります。

その結果を見て、これからどれだけ頑張るかで志望校も変わってくるでしょう。

 

心を入れかえ、充実したと思えるような夏休みにしましょう(`・ω・´)b

 

  

 


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

英語のちょっとした疑問【馬渕校/駿河区】

 

 

英語の授業をおこなっている際、よく生徒に聞かれる質問に、

someとanyの違い」があります。

 

簡単に言ってしまえば、肯定文につくほうがsomeで、疑問・否定文につく方がanyです。

 

どちらも元々は「いくらかの(いくつかの)」という意味になります。

つまり、複数のものに対する単語というわけですね。

 

ここまで説明すれば、大体の生徒は解決し、次回からはしっかり使い分けることができるでしょう。

 

しかし、今回の質問はいつもと違っていました。

 

「先生、Can I have some coffee? っていう時、なんでsomeがついているのに”s”がつかないの?それになんでanyじゃないの?」

 

おお、いい質問だな!と思いました😊

 

普段の文章では、上記のように使い分ける2つですが、なんと、例外が多数存在します。

 

生徒が聞きに来た質問こそ、例外のものなのです。

 

 

まずは、coffeeにsがつかないもの。

こちらは、coffeeに理由があります。

 

waterなどもそうですが、「不可算名詞」といい、全て単数扱いになります。

つまり、複数形はありません。

 

 

次に、someが疑問文についてることに関しては、

人に何かをお願いしたり、依頼したりするときにsomeがつきます。

(こちらは答えた後、少々不安でしたので調べました💦)

 

someを疑問文で使用する場合、「Yes」の返事を期待している

または「Yes」と返事をするよう勧めるニュアンスが含まれているのです。

なので、依頼やお願いの際に使うのですね。

 

 

こういった、例外というものが度々現れるのは、文法を学習するうえで仕方のないことです。

日本でも、ありますよね。

 

しかし、「しらなかった」は通用しませんので、分からないもの、疑問が出てきたときは、

先生に聞いたり、自分で調べたり、納得するように心がけましょう!

 


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

「それ」ってなに?【馬渕校/駿河区】

 

 

どんどん梅雨が明けていきますね🌞

今年の静岡は、あまり梅雨!という感じがなく、もうあけちゃったんだ!

という気持ちです。

 

さーて、これからどんどん暑く(熱く)なっていきますね!

夏期講習ガンガン進めていきましょう!!

 

 

夏期講習、特に3年生5教科を選択して行っている生徒がほとんどですが、

普段勉強をしない国語で悩む生徒が多い現状です。

 

 

よく聞く質問の問題に、

 

下線部の「それ」を指すものは何でしょう。

 

という問題があります。

 

読解の問題に多く出てくる基本的な内容ですね。

 

普段は学校の授業で、先生が読み進めながら解説してくれていますが、

夏期講習のテキストの文章は、ほとんどが初見の文章です。

 

どの生徒も触れたことのない文章に四苦八苦していました。

 

こういう時にスラスラ解ている生徒は、読書が好き、国語が好きという生徒ばかりです。

 

 

読解力の代表的な問題ですが、そんなに難しく考える必要はありません。

 

ポイントは、「前の文章の中にある」ということです。

 

 

「それ」や「これ」というような代名詞は、一度名前が出てきているものにしか使いません。

(英語でも基本は同じです)

 

つまり、「それ」が書いてある文章の前の文章から考える、ことがまずは必要なわけです。

 

でも、前に文章がたくさんある場合はどうすればいいの?という場合、

問題文にある「それ」の中に、入れても文章がおかしくならない単語や文を入れましょう。

 

 

以上の2つに気を付けるだけで、普段国語が苦手…と思っているお子様でも、解けるようになりますよ!

 


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

気になる話👂【馬渕校/駿河区】

 

梅雨に入り、じめじめとした日が続いてますね…☂

 

降るのか降らないのかわからない面、なかなか手ごわいです😨

 

はやく、秋になって、過ごしやすい気候にならないかなぁと思う今日この頃です…(暑いのも苦手なので⚡)

 

 

 

さて、前々からこちらのブログで大学入試が変わるということや、それにかかわる英検のお話をしてきましたが、

ついに先日、名門大学の一つ、立教大学一般入試制度が発表されて、話題を呼んでおります。

 

 

内容として大きなポイントは、

・1日だった試験日を全行程5日にする

こうすることによって、日程が違う科目や学部を複数選んで受験することができます。

 

外部英語試験の結果を得点化し、他の2教科と合わせて3教科で合否を判定する。

 

その際、大学独自の英語の試験は行われない

 

ここ!重要なところですよね!!

 

 

大学側が、英語のテストを作成せずに外部の検定のみで英語の得点を出すということです。

今まで行ってきた、立教大学の英語の対策がすべてなくなるということですよね…!

 

かなり衝撃が大きいニュースです。

つまり、立教大学を英語を使用して受験をする場合、必ず必要な外部試験を受けなくてはならなくなったということですね。

今のところ、

ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定(英検)、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT

こちらの利用が可能ということです。

(文学部では引き続き大学作成の英語試験も行われるとのこと)

 

 

2021年度以降からの実施ということですが、もうすぐのことですよね。

これからも他の大学がどのような試験をするのか、ということをしっかり情報収集する必要があります。

 

今、高校1年生以下の年齢のお子様をお持ちの保護者様は、今後の動向に注目していかなければなりませんよ!!

 

 

気になる方は、立教大学のHPをチェック!!


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

乱?変?【馬渕校/駿河区】

 

 

日本の歴史を勉強する中で、「○○の乱」と「○○の変」、覚えるのが大変と思ったことはありませんか。

 

むしろ、「乱と変って何が違うの?」と思うこともあるかと考えられます。

 

実は、戦争は戦争でも、一応名前の違いはあるのです。

ただし、必ずしもこう!といえる区分があるわけではないので、今回は一般的な区分を取り扱っていきます。

今回は、その違いを勉強し、より覚えやすくなってみよう!という内容です。f

 

 

 

さて、まずは「乱」についてです。

乱のつく有名な戦いといれば、「壬申の乱」「応仁の乱」などが挙げられます。

 

これらの戦いに共通な部分は、政治権力に対する武力による反抗ということと、政治権力を強制的に奪ったことによる内乱ということです。

 

壬申の乱は、大友皇子に対し、弟・大海人皇子(後の天武天皇)が兵を挙げて勃発した古代日本最大の内乱です。

反乱者である大海人皇子が勝利するという結果に終わります。

 

 

応仁の乱は、畠山氏・斯波氏の家督争いから、細川勝元と山名宗全の勢力争いに発展し、室町幕府将軍の足利義政の継嗣争いも加わって、京都からほぼ全国に争いが拡大した大きな争いのことです。

 

 

 

次に、「変」についてみていきます。

「禁門の変」「本能寺の変」などが有名ですね。

 

禁門の変は、京都を追放されていた長州藩勢力が、会津藩主らの排除を目指して挙兵し、京都市中において市街戦を繰り広げた事件のことです。

 

本能寺の変は、本能寺に滞在していた織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件のことです。

 

 

これらの戦いに共通な部分は、政治上の対立による陰謀事件ということと、当時の政治権力者(天皇・皇族・将軍など)が獄逆・配流などに遭い、不当な立場に置かれた事件ということがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

少し駆け足で紹介いたしましが、日々の授業の中で、名前と内容をリンクさせることが、しやすくなったのではないでしょうか。

 

歴史というのは、だれの視点から・どこから見るかによって印象がガラッと変わるものです。

勝った方の歴史ではなく、負けた方の歴史を知ることの楽しいかもしれませんよ。

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらの文献を参考にしてみてください。

(今回参考になせていただいたものです)

 

 

 

ヒーローズ馬渕校、7月1日から夏期講習開始しております!

興味のある方は、こちらからお問い合わせください↓


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

数学を好きになる🖋【馬渕校/駿河区】

 

7月に入り、ヒーローズ馬渕校では夏期講習が始まりました!

 

 

7月1日~8月31日までの2ヶ月間、小学生から高校生まで、個別指導ならではのカリキュラムで、これまでの学習を振り勝っていきます♪

 

塾生以外でのお申し込みもお待ちしております!!

 

 

 

さて、中学3年生の夏期講習では今まで以上に勉強量が上がります⚡

 

これまで勉強にあまり重きを置いていなかった生徒さんでも、受験に向けてスイッチを入れていかなければなりません。

 

そんな中、自分の苦手な科目をたくさん勉強するのは少し辛いですよね💦

 

特に聞くのが、数学が嫌いな生徒。

理由の多くに、「数学って今やって役に立つの?」ということです。

 

大人になってこれに使うし、あれにも使うし…とたくさん挙げることは難しいですが、

今の生活の中でこういうところに数学が使われているんだよ!ということは言えます。

 

数学が好き!とまではいかなくとも、こういうことに使われているんだ!ということを知って、

少しでも数学へ興味を持ってもらえるようになればと思います😊

 

 

例えば、中学3年生で習う、素因数分解。

この間のテストにも出てきましたね。

 

この素因数分解を使っているのが、クレジットカードなどの暗号化の仕組みです。

 

素因数分解というのは自然数を素数の積で表すことです。

10桁や100桁など、小さい自然数はすぐに素因数分解ができますが、大きな自然数になるとそう簡単にはできません。

現代の最先端の数学でも、何万、何億というような巨大な自然数を素因数分解する方法はわからないのです。

クレジットカードの暗号は巨大な自然数は素因数分解できないということを利用しています。

 

この特徴を利用した暗号を「RSA暗号」と呼びます。

クレジットカードの他、普段使うLINEやTwitterなどにも使われており、皆さんの個人情報や会話の中身がほかの人に知られないのは、実は素因数分解のおかげなのです😊

 

 

どうでしょうか。

少しは数学を身近に感じられるのではないでしょうか💡

 

 

高校数学などの難しい数学がどういうところに使われるかなどは、文部科学省のこちらのページに詳しく書いてありますので、

気になる方はチェックしてみてください♪

 

 

 

ヒーローズ馬渕校 7月1日から夏期講習始めております!

気になる方は、下記までご連絡ください↓


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

質問の仕方💭【馬渕校/駿河区】

 

普段の授業の中で、生徒から質問をされることが多々あります。

 

もちろん、問題だけでなく、おしゃべりをしている中でも質問は生まれるのですが…

 

今回は、勉強での質問をされて、困ることについて書いていこうと思います。

 

 

「勉強の質問を受けて困るなんて言っていいの?」と思われしまいそうですが、

今回お話しするのは、質問の具体的な内容がどうこうといった話ではありません。

 

一般的に見ても、これに答えるのは大変だな…と思われる質問についてです。

 

 

例えば、分からない問題が出てきたとしましょう。

その問題について、「先生、この問題がわかりません」ということは簡単です。

 

しかし、その質問をされたとき、先生はまずどこがわからないのかをヒアリングしなければなりません。

 

その後、その問題のどこまでがわかり、どこからがわからないのかも聞かなくてはなりません。

 

それが終わって初めて、その問題の解き方や解説をすることになるのです。

 

それでは、時間がかかってしまいますし、分かることまで説明してしまっては時間の無駄になってしまいます。

 

この場合、質問する生徒は、自分がこの問題のどこまでが分かっていて、先生に教えて欲しいところはどこからなのか

自分で説明出来なければなりません。

 

先生に問題すべてを丸投げ、というのは、自分のためになりませんし、効率的ではないということですね。

 

 

また、「先生、〇〇について教えてください」といった場合も、内容によっては難しいことがあります。

 

もちろん、答えられないわけではないのですが、果たしてその用語のどこからどこまでを説明しないといけないのか…

という事態に陥ります。

 

素因数分解だったのなら、素因数分解のやり方なのか、それを使った計算なのか、それとも意味からなのか…

用語によっては様々な方向から疑問を訴えることができてしまいます。

 

こういった場合も、「〇〇がどういう理由でどこまでしかできないので、ここから教えてください」という質問ができれば

先生は無駄な質問や悩みを持つこともなく、スラスラ教えてくれるでしょう。

 

 

ここまでの内容では、「自分でそこまで考えないといけないの?」と思われるかもしれません。

 

しかし、先生も人です、万能ではありません。

皆さんが考えていることが手に取るように分かるわけではありませんので、優しい先生なら一から説明しようとしてくれるはずです。

 

それでは質問をしにいった意味がないのです。

 

せっかく質問をしに行くのですから、自分が答えてほしい、知りたい内容がパッと来て欲しいですよね。

 

その為には一度、先生の立場になって考えてみることが需要です。

 

この質問をして、自分がどのような回答が欲しいのか、一度、整理してから聞きに行きましょう。

 

そうすることによって、先生にも負担をかけませんし、自分自身にもわからないことを整理して苦手なことは何かというまとめや

無駄な説明を聞く時間が無くなり、一石二鳥な質問ができるというわけです。

 

まずは試してみましょう!

意外と、今までの解説時間より早く終わったとか、すぐに理解できた!ということがあるかもしれませんよ。

 

~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

分かりにくい会話【三島校/三島市】

 

 

日本語を話すことを難しいと思うことが、日本人である私にも度々あります。

 

日本語にはひらがな、カタカナ、漢字と使う種類の文字が多く、世界の中でも難しい言語であるといわれています。

 

さらに、モノの表現にも違いがあり、例えば、雨が降っている様子には、400語を超える表現の種類があるといわれています。

 

「春雨」や「小雨」のように普段から使われている表現や、趣のある「村雨」や「甘雨」などもあります。

 

春雨…2月末から3月の晩春に降る、雨足が細かくしとしと降る雨

小雨…軽い降雨。数時間降り続いても降水量が1mm未満の雨

村雨…降り方が激しくなったり、弱くなったりする通り雨

甘雨…しとしとと降って、草木を潤す雨のこと。農作業を始める時期にちょうどよく降り、作物を育ててくれる雨。

 

 

普段使わないような表現は、日本人の我々からしても、調べないと分からないものがほとんどだと思います。

 

 

今までのブログの中で、今後の日本の教育改革では英語を強化する方向へ進んでいるといいうことを、題材にしてきましたが、

記述式の問題や文章問題の正答率が低い中で、果たして英語ばかり強化していくことが正解なのだろうか、という考えも

大学や高校の中では議論されています

 

 

普段の生徒との会話の中でも、時折あれ?と思うことがあります。

 

例えば、「~がね、…でね、ーそれでね、~だったからね…」という会話をされたことがあります。

最初はうんうん。と聞いていたのですが、話が終わった後に思ったのは、

「結局何が言いたかったのか?」ということでした。

 

 

この場合、だれが、いつ、どこで、だれと、なにをした(どうした)などの所謂、5W1Hというものが必要になります。

 

この5W1Hは、日本語はもちろん、英語の基礎にも必要な文章の流れです。

 

普段の会話から、文章の流れを意識して話すことにより、日本語を英語に直すときや、記述の問題に答える時などに

言いたいことを要約して伝えることができます。

 

勉学の基本は日本画から!ということですね。

 

もちろん、他にも例をあればきりがありません。

 

まずは、普段の会話の文章をなるべく短く、簡潔に伝えることを目標に、考えてみてはいかがでしょうか。


~◇~◇~◇ヒーローズ三島校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:055-988-3818
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

将来について【馬渕校/駿河区】

 

最近、静岡県のHPをみてみると、こんなページがありました。

未来を切り拓くDream授業という

静岡市が去年から行っている、中学生のための課外活動を募集するページです。

 

内容は、中学生が将来の夢について様々な方面から学べる機会を作ろうということで、

各業界の講師から講習を受けたり、集まった中学生でグループワークを、

3泊4日の合宿(しかも無料)で行うというものでした😲

 

 

講師の中には、なんと静岡県知事も予定されており、かなり豪華な布陣といえます。

夏休み中ですし、学校への影響もないうえに、課外活動として通知表に書けそうなところも、いいですよね😊

 

 

中学1・2年生で、世界とのつながりや将来に事についてこんなに深く行うの?

と思われる方もいるかと思います。

 

高大接続改革が始まることはブログなどでお話ししておりますが、

その中でも、高校の「普通科」をなくし、高校から専門的な分野を選び、

大学進学・就職に向けて勉強していこうという動きもあるのです 😯 

 

 

今まで、「まだ将来の夢がない」「とりあえず高校はいかないと…」と

思って普通科に通っていた高校生たちが、どんなことを学んで、どんな職業に就きたいか、までを

しっかり考えながら分野を選ばないといけなくなるかもしれないのです⚡

 

 

そのような中で、中学生の時期から自分の将来を考えることが「早い」なんてことがなくなってくる時代になります。

日本の教育改革の流れに乗り遅れないよう、親子で考えなければなりませんね。

 


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

小学生テストの結果 【馬渕校/駿河区】

 

今月のあたまに行われた、小学生テストの結果が四谷大塚から送られてきています。

 

受験されたご家庭にはこちらからご連絡をし、短い時間ではありますが、結果から見た分析や

見直し授業についての提案をさせていただいております。

 

そんな中、やはり気になるのは、全国単位での順位や偏差値でしょう。

 

診断レポート(結果シート)には、各教科別・全教科合わせての順位や偏差値の他、

どんな問題が苦手なのか、またそれにより今必要なものはどのような勉強なのかまで、

細かく分析されています。

 

 

また、小学6年生にはうれしい、私立中学志望校判定まで行えます。

(こちらは受験時に記入したことろのみ)

 

自分の今の実力や、この点数だと合格できるのか、

また、昨年以前の小学生テストを受けた先輩たちが、どれくらいの点数を取っていたのかなど、

指標になるものが多くあります。

 

 

結果や、見直し授業を踏まえて、私立中学への受験を考えている保護者様、

この機会にヒーローズで、後半の受験勉強を行ってみませんか😊

 

夏休みは6年生までの復習を行える最後の時間になります。

学校授業の予習を行いつつ、復習もご家庭で行うのは難しいでしょう。

 

もちろん、6年生以外の学年にも、復習の期間は必要になります。

それが行えるのが、学校のない、夏休みの期間というわけです。

 

7月からは夏期講習が始まります。

ぜひ、ヒーローズ馬渕校にご連絡くださいませ!


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

聖火のみち【馬渕校/駿河区】

 

先日、来年のオリンピック前に行う、聖火リレーのルートが発表されました 🙂 

 

皆さんはもう確認しましたか?

https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/

 

静岡の聖火リレーは、オリンピック開催1ヶ月前の1~3日目に通過します。

 

西部から東部に向かうなか、静岡市内は1日目と2日目両方が見られるという日程です。

 

とても楽しみですね 😀 

 

 

最近行われた校内テストには地理の範囲がありませんでしたが、期末に入ってくる学校もあるかと思います、

 

また、今年の入試にも出題されそうな内容でしたので、せっかくですから、この機会に静岡の地理を覚えて、

今後の役に立たせましょう!

 

 

静岡の山といえば皆さんご存知「富士山」ですが、もうひとつ日本を代表する山々があります。

日本アルプスのひとつ、南アルプス赤石山脈です。

天竜川安倍川大井川は、ここから太平洋へ注いでいます。

 

 

そんな太平洋ですが、静岡の中部から伊豆にかけて駿河湾があります。

日本一の深さがあり、そのおかげで他の海ではなかなか見られない、深海魚桜海老が捕れることでも有名です。

 

 

珍しいといえば、静岡には多くの世界遺産が登録されています。

富士山2013年文化遺産に登録されました。

なぜ自然遺産ではなく、文化遺産かといいますと、富士山周辺の地域の富士山に関わる文化と共に世界遺産になったからです。

また、最近では韮山反射炉2015年に文化遺産に登録されました。

 

特産のお茶を飲みながら、自然豊かな静岡の街を聖火ランナーが走る姿を見るのもよいですね。

 

~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

 

がんばれ受講生🚩【馬渕校/駿河区】

 

 

今週末、6月2日は、全国統一小学生テスト英語検定の試験日です。

 

 

全国統一小学生テストは、おかげ様で満員御礼となりました。

 

対策授業を受けてくださるご家庭も多く、初めての皆様にも好評です♪

 

今回、6月1日に運動会があったり、予定があったりで受けられない方も大丈夫です!

 

毎年、2回目の開催が決まっております。次回は11月となりますが、機会がありましたら

ぜひ、ヒーローズ馬渕校までお問い合わせください!

 

 

も一つの試験、英検ですが、小学生から高校生まで、馬渕校でも受験者は多くおります。

 

もちろん、授業での対策を行っております!

 

筆記からリスニングまで、専門教材を使用しながら、勉強します。

 

先生に直接わからないことを聞くこともできますし、スムーズに進めたい生徒には

動画での解説も行っております。

 

 

検定などは自力で勉強することが難しいです。

 

そんな時は、我々をお使いください!

お子さんの目指す級、やる気ごとにしっかりとサポートしていきます。

 

次回の英検は10月6日(日)です。

 

高校・大学受験を目指している方、受験制度が変わるときに有利ですよ!

 

今のうちにtryしてみましょう!


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

日常のニュース【馬渕校/駿河区】

 

 

毎日が足早に過ぎていく中で、家に帰ってからその日にあったニュースをみる。

 

深夜に帰宅しても23時から始まるニュースもありますので、我々もしっかりと情報を受け取れるというものです。

 

普段からニュースを見ていますか?と保護者の方に問いかけても、大体の方は見ているに決まっています。

 

しかし、お子さんはどうでしょうか。

 

世界のニュースはともかく、日本で今問題になっている出来事や、話題になっている出来事を質問されたとき、

ぱっと答えられる子供はどれくらいいるのでしょうか…

 

 

昔は新聞を取る家庭がほとんどで、毎朝お父さんが朝刊を呼んでご飯を食べる、なんて風景は日常的でした。

 

現在、新聞の購読量は減っており、取らない家庭が多くなってきています。

 

理由としては、インターネットが盛んになり、ケータイやタブレットでどこでも気軽にニュースを見ることができるようになったからです。

わざわざお金を出して情報を見ずとも、無料でたくさんの情報が転がっています。

 

 

また、NHKで放送されていた「週間子供ニュース」のような子供にもわかりやすいニュース番組がなくなってしまいました。

 

 

こういった中で、家でニュースや時事情報を目にする機会が減り、子供がめっきりニュースというものを自分の知識として入れにくい環境になってしまっているのです。

 

 

しかし、近年の受験や学校で行われる定期テストでは、こういった時事問題を出す傾向が強くなってきています。

 

ただの知識だけではなく、これらを使っていかに今の世界を見ているか、こういった応用的な学習も必要になってきているのです。

 

普段からニュースを目にする生活に慣れるよう、大人からも声をかけていきたいですね。


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

どこまで考えていますか【三島校/三島市】

 

先日、英検のブログを書きましたが、丁度よくYahooニュースで、

2020年の教育改革についてどれくらい認知されているかの記事が上がっていました。

 

Yahooニュース

 

小学校のお子さんを持つ家庭中心ではありますが、アンケートの結果、中学受験を考えている家庭のほうが認知率や期待度が高いことが分かったそうです。

もちろん、そんなことは当たり前だろうと思われるかもしれませんが、中学受験をしようがしまいが、同じ小学校に通い、同じ授業を受けていることは変わりありません。

 

 

記事の中で書かれている、いくつかの教育改革実施策を、見聞きしたことはありますでしょうか。

 

「プログラミング授業」「英語の教材化」「センター入試廃止」「主体的に取り組む授業」など 

我々大人が、今まで行ってこなかった内容がほとんどです。

 

 

つまり、日本として初めての教育とも言えます。

 

しかも、2020年から新たに始まりますので、これまでの経験も通用しません。

予習を行うしか対応ができないというわけです。

 

これからの教育改革に無関心なまま、お子さんを学校に通わせることは、とても難しいことと感じますね。

 

 

ヒーローズでは、普段の国語・算数の授業はもちろん、ロボット・ゲームプログラミングや

読解力を付けるトレーニング教材、また、小学生からの英語授業など、今後の教育改革に対応したコンテンツを取り揃えております。

 

気になるお話や、心配事などがある方は、お気軽にお問い合わせください♪

 

 

記事の最後に、今後の教育で共通して必要になってくるのは、「読解力」だと述べています。

 

次回は上記にもあります、読解力を伸ばすコンテンツのお話をできればと思っております!

 

~◇~◇~◇ヒーローズ三島校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:055-988-3818
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

計算コンテスト📚【馬渕校/駿河区】

 

今週からテスト対策講習が始まっております!

 

 

6月の中間テストまで約1ヵ月となり、普段行っている英語と数学以外の教科にも対応していかなければなりません。

 

そこで、ヒーローズでは5教科のテスト対策を行っております🚩

 

英語、数学は継続して取り組まないと自分の能力として身につきません。

なぜなら、今までに習った単語や構文、公式が必ず必要になってくるからです。

単語や文法がわからないと、本文・英作文は読むことも書くこともできません。

また、数学を解くときも、中学校の文字式を使うとき、小学校で習った分数や少数の計算は行えるものとして出題されます。

 

そんな英語と数学はヒーローズ普段から勉強しておりますが、社会や理科など普段行わない勉強を1ヶ月間でしっかり復習していきます😊

 

 

さて、題名の計算コンテストとは?

 

こちら、毎年行っている計算メインのコンテストになります。

 

静岡市内のヒーローズ合同で行いまして、学年ごとに順位を出していきます。

 

1位になった生徒には、賞品として図書カード1000円分

 

2~5位の生徒には筆記用具をプレゼントしております♪

 

馬淵校の生徒がどの順位になるのか…✨

 

上位に入れなくても、やっただけ価値があります!入賞目指して頑張りましょう!!


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

全国小学生テスト🚩【馬渕校/駿河区】

 

 

 

 

GWも終わり、さらには新しい令和の時代に突入しました。

 

そして、令和最初の全国統一小学生テストが近づいてまいりました!

 

今年の開催日は6月2日(日)です🚩

 

申込は4月26日から始まっておりますので、今すぐにでも申し込みができます♪

 

 

 

学校単位では測れない、お子様の現在の学力が気になりませんか?

 

小学1年生からでも気軽に受けられる、この機会にぜひヒーローズ馬渕校で受験してみてください!

 

 

申込フォームはこちら→https://www.yotsuyaotsuka.com/toitsutest/moushikomi/form.php?jukucode=8307&classcode=0024

 

どんなことをするの?

など、詳しく知りたい方はこちらのHPをご覧ください!

https://www.yotsuyaotsuka.com/toitsutest/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=GS001_toitsutest_180914-181031&gclid=Cj0KCQjwr4beBRDNARIsAGZaZ5dZ6jAVowdBXrdqGBpRBCnhW8m75viqY8mlTEHTQpDJMcjS5kKz1KQaApRJEALw_wcB


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

テスト対策🚩【馬渕校/駿河区】

 

4月もそろそろ終わりで、新しい元号が始まりますね。

 

そんな中、GWが控えているのですが、ヒーローズもGW休みを設けております。

 

期間は、世の中とちょってずれますが、4月25日(木)~5月1日(水) までとなります。

 

休校期間中には休校課題と称した宿題が出ますので、しっかり行ってテスト前の復習をしましょう。

 

 

そして…GWが終わると、今度はテスト対策講習が始まります!

 

6月のテストに向けて、約1ヶ月間、英数を中心に5教科を対策します✨

 

期間は5月13日(月)~テスト最終日までです。

 

塾生でない学生さんも対象にしておりますので、詳しくはお電話かメールをお願い致します。

 

 

そんなテスト対策に朗報です!!

 

大里中学校の生徒さんのみ

 

今回のテスト対策講習を無料で行わせて頂きます!

 

 

「初めてのテストしっかりできるか不安…」

 

「新しい授業内容は理解できているのかしら?」

 

「受験生なのにこのままでいいの?」

 

 

そんな悩みをお持ちの保護者様!

 

この機会に、ヒーローズのテスト対策を体験してみませんか😊

 

お友達と一緒でも大歓迎です♪

 

 

もちろん、テスト対策以外の無料体験学習診断も行っています。

 

気になる方は、お問い合わせください!


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

英語教育【馬渕校/駿河区】

 

昨年から小学校の英語教育が本格化したり、高大入試改革で英語の試験が再考されたりと、

日本の英語教育は更に高いレベルへと変化しています。

 

 

そんな中、新しい英語教育への対応の為、県や学校独自で英語学習の教材を作成し行っていることが分かりました。

 

 

全国都道府県教育長協議会の報告では、名前は上げられていないものの、16県の小中高等学校で、

指定の教科書以外にも教材を使って学習していたり、外部の資格検定受験料を学校側から補助していたりなどがあげられていたそうです。

 

 

日本政府が前々から進言していたとはいえ、従来の英語教育を高度にするには教育側の負担も大きいと言う事ですね。

 

 

また、英語の「きく」「かく」「よむ」「はなす」の4技能の中で、一番難題なのはという質問には、

小中高の8割が、「はなす」だと答えていたそうです。

 

グローバル社会に対応するためには、これまでの英語教育を教育側からも見直していく必要があると、全国都道府県教育長協議会は述べています。

 

 

英語だけでなく、日本語力もない若者が多くいる今、保護者の方も教育を考える時間を増やし、子供の未来を明るくすることが必要になりそうです。


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

歴史と今【馬渕校/駿河区】

 

先日は、市長選挙と県議会選挙のあった静岡市ですが、

全国でも様々な選挙(府知事・県知事選、市長選などなど)があり、日本中が選挙一色でしたね。

 

新しい年と共に、より暮らしやすい静岡になると良いですね✨

 

 

さらに、20年ぶりの新札も発行されることになりました!

 

前回新札として、5千円札の樋口一葉、千円札として野口英世に変わったわけですが、

今回は、1万円札の変更も決定しました!

聖徳太子から福沢諭吉に変わった1984年以来と言う事で、こちらもワクワクしますね😊

 

因みに、皆さんは新しく肖像画が使われる、「渋沢栄一」「津田梅子」「北里柴三郎」について、ご存知でしょうか。

 

御三方とも、明治から大正にかけて近代化する日本を様々な観点から支えた人物です。

中学生では、なぞる程度かとは思いますが、高校ではどの様な偉業を成し遂げたかを、しっかり習いますね👍

 

歴史って何の役に立つの?

という生徒もいますが、今の日本、そして私たちがあるのも、その昔努力して支えてきた人たちがいるからではないでしょうか。

 

こいった時代の節目に、自分の知らない歴史を知る良い機会になるでしょう。

 

新年度の始まりに、お子さんに探求心を待たせましょう♪


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

新年号【馬渕校/駿河区】

 

つい先日、2019年5月1日から施行される、新年号が発表されましたね。

 

新しい年号は、「令和」になるそうで、発表後は賛否両論になっていました。

 

 

皆さんはもうニュースなどでみて知っているかと思いますが、この令和という言葉、出典先があるそうです。

 

それが、日本最古の和歌集である、万葉集の第5巻、梅花の歌とのこと。

 

 

今まで出典からの年号は数々ありましたが、どれも中国の故事からで、日本古来の書物から出典されるのは初めてだそう。

 

さらに、「令」という文字が使われることも初めてだったのもあり、意外な発表だったことが分かります。

 

 

元の歌としては、

 

初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす

 

こう詠まれています。

 

梅花の歌だけあり、新春の穏やかさを感じますね。

 

この歌の様に、そして今まで使われていた「平成」のように、新しい時代も平和でいられると良いですね。


~◇~◇~◇ヒーローズ馬渕校~◇~◇~◇~
  お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
  お気軽にご連絡ください  
      教室直通:054-266-7662
      フリーダイヤル:0120-85-1160
~◇~◇~◇~◇~◇~◇~~◇~◇~◇~◇~

教科書改訂【馬渕校/駿河区】

2020年まで残すところあと1年となりました。

ヒーローズで「プログラミング始めました」と言ってからもう2年が経ち、

「時の流れとは早いものだなぁ」

と感じる今日この頃です。

 

さて、変わるのは何もそれだけではありません。

 

お子様たちが使う教科書もそのうちの一つです。

 

普段何気なく使っている教科書ですが、実は厳しい審査を通って

お子様たちの手にわたっているものなのです。

 

というのも、日本には「教科書検定制度」というものが存在します。

お子様たちが使っている教科書を見てほしいのですが、

多分、上の方に「文部科学省済教科書」と書かれていると思います。

 

それが審査を通って、教科書になっているという証拠になります。

 

よく、教科書出版会社か何かがあって作っていると思われがちですが、

実は民間によって作成されています。

 

内容はさることながら、国の掲げる趣旨に反していないか、教育の中立性は保たれているか、

といった様々な観点から審査され、最終的に文部科学大臣の承認を得ることができれば、

「教科書」として世に出ることになります。

 

ですので、たとえ内容がよかったとしても、その審査が通らなければ、教科書と認めてもらえないのです。

人によっては、多くの歳月を費やしたにもかかわらず、審査に落ち、煮え湯を飲まされた、という方もいらっしゃいます。

 

ちなみに作成したものは、一般図書として売ることもできます。

 

そして今年ですが、なんと164点の申請があったものが、全て検定合格となったそうです。

 

まだ内容等は詳しくはわかりませんが、教科書のページ数は過去20年で最大とのことでした。

 

新学習指導要領に照らし合わせて作られるわけですが、

社会ならば領土問題に関しての双方の記述であったり、英語では英単語だけでなく、文章や文法など

必然的にボリュームが多くなっていきます。

 

年々求められるものが多くなっていく中で、致し方ないことですが、これまで以上に

勉強というものを意識していかなければ、あっという間に追い抜かれて行ってしまうかもしれませんね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

春期講習開始【馬渕校/駿河区】

3月18日(月)よりヒーローズの春期講習がスタートしました!

 

春休み・・・

休みの期間はそこまで長くはなく、2週間ほどとなる・・・

 

しかし、この2週間弱をどのように過ごすかで、

今年1年のスタートが大きく変わるといっても過言ではありません!!

 

1年を通して、さまざまな講習があります。

 

夏期講習は、長期休みということもあり、これまでの学校生活のすべての分野を

復習していく。

 

冬期講習は、復習+今後のテストに向けた準備を行う期間となる。

 

そして春期講習は・・・

次の学年に向けての先取りを行い、授業についていくことができるとともに、

6月の最初のテストでスタートダッシュが切れるよう、予習をしていく期間となります!!

 

ここで勢いづけることができれば、勉強に対するモチベーションも上がり、

日々の学校生活が大きく変わっていくことになります!

 

これまで成績が伸びずに悩んでいる・・・

どんなに頑張っても平均点に届かない・・・

勉強に自信を無くしてしまって、家で全然やらなくなってしまった・・・

 

そういったお悩みを抱えている保護者様は、ぜひ、お電話ください!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

考えさせられました・・・【馬渕校/駿河区】

3月10日に日本STEM教育学会の拡大研究会が行われたそうです。

以前、プログラミングの記事を書いたときに、「STEAM教育」について

書かせていただきましたが、そのことと直結するものだと思ってください。

ちなみに、STEAM教育について知りたい方は、過去のブログ、もしくは調べてみてください。

 

その発表会の中に、面白いものがありました。

それは・・・

「STEAM教育によって、世界の貧困問題を解決できる」

というものです。

ちなみにこの研究発表は、お茶の水女子大学附属高校の生徒が作り上げたものです。

この研究発表を高校生が考えたというのが、それでもすごいのですが、

教育という面だけでなく、世界的な問題に対してのアプローチの方法を考え、

見事つなげたということが素晴らしいです!

 

このSTEAMの中の特に、ARTの部分に着目したものとなっています。

ART・・・芸術ですが、もちろん図工などの作品を作るというのもアートですが、

それ以上に、自分を表現する、その表現したいものをどう実現するか、それが一番重要となります。

 

「貧困な国」というと、発展途上国が挙げられますが、そういった国でプログラミング教育といっても

現実的に、やらせるのは難しい。そのため、誰でもどこでもできるARTに注目したとのことです。

 

ちなみに学習モデルとしては・・・

「学習者の自己形成にはARTが重要な役割を果たしており、ARTによる自己形成を土台に、

課題解決能力を伸ばすことで貧困から脱出するSTEAM教育モデル」

を提案したとのことです(教育新聞より)。

 

これまで、プログラミング教育が大切だ、問題解決学習が大切だ、と言ってきましたが、

この方々のように、ではどういった部分で役立つのか、教育の部分だけでなく、

今ある問題に対してどのように活かしていくことができるのか、

 

そういったより深い部分まで試行を巡らせることができていなかったのでは?

 

と考えさせられました。

 

本当に、全てのことにつながっているのだなと実感した、考えさせられた記事だったため

共有させていただきました。

 

ぜひ、皆さんの調べてみてください。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

ポカポカ日和ですね【馬渕校/駿河区】

今週は気圧の関係で、後半から天気がよろしくありませんでしたか、

最近、昼頃の日差しが暖かく、気温も15度以上と、とても過ごしやすい日が続いております。

 

そんな中、我が家の近くに既に桜が・・・!

 

と思ったのですが、なんか違うなと。

 

実はこれ、梅の花(多分)なんです!

 

ピンク色で可愛らしい花ですが、時期は桜よりも早く咲き、花びらの形が違うんですね。

 

興味があったら違いを調べてみてください。枝のつき方、花びらの違いが分かりやすくまとめてあるサイトがあります!

 

ついつい写真を撮ってしまいましたが、

梅の咲く季節は冬の終わり頃、桜でなくとも十分に春の訪れを感じることができます。

 

そして春といえば入学式!

受験を乗り越え、新たな生活が始まる季節です!

 

受験を控えた3年生、残り一週間を全力で取り組んで、気持ちの良い春を迎えてほしいと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

ネット依存対策【馬渕校/駿河区】

ネット依存

この言葉は、以前から耳にタコができるくらい、聞いたことのある言葉です。

 

ある情報によれば、ネット依存によって、

10点以上テストの点数に差が出てしまうといったものもあります。

 

ちなみに私も最近気にするようになりました。

何故かというと、スマホの画面を見た時間が警告されるようになったからです

 

ふと画面を見るとアラームというか情報が映し出されて、なんだこれ!?

と初めて見たときは驚いたものです。

 

そんなネット依存ですが、静岡県と静岡県教育委員会がタッグを組み、

予算720万を投資して、対策事業を行うとのことです。

 

事業の内容としてはこのようなことが挙げられていました。

・中高生2000人を対象とした聞き取り調査の実施

・中高生15人に対して自然体験活動施設での生活

・学校関係者、医療関係者へのネット依存に関する講演会の実施

 

この自然体験活動ですが、スマホ等を一切断絶して生活を送るとのこと!!

 

調べものであったり、もろもろ連絡をする、若干ゲームをする私にとって

なかなか厳しい条件です・・・。

 

とはいえ普段経験しない、目を向けていない部分に目を向けることができるというのは

いいことかもしれません。

 

ただ、かつてとは違い、人とのつながりがほぼ一本でできてしまうスマホ

LINE,twitter,オンラインゲーム・・・

様々な関わり方のある中で、これらの依存度を低くしていくのはなかなかに

骨が折れそうです。

こういった研修や施設だけではなく、家庭での制限や学校での情報教育、

様々な分野で総合的に対応していくことが必要なのかもしれません。

 

また、もしスマホの使用が度を過ぎて勉強に集中できていないということがあるのならば!

私たちも声掛けしていかなければなりませんね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

テスト終わりました!【馬渕校/駿河区】

今週で馬渕校に通う中学生のテストが終了しました!

私立の中学生や高校生、公立受験生は3月にテストがあるので、

これから本格的にテスト勉強になってきますが

ひとまず教室にも落ち着きがみられてきました。

 

しかし、テストが終わったからと言って油断はできません!

 

なぜなら

今学年最後のテストが終わったなら、今度は次の学年に向けて

準備をしていかなければならないからです!

 

学年が上がると、難易度が上がることはもちろんですが、前学年の内容が

しっかりと身に付いていなければ解くことができないような問題が出てくるからです。

 

その為、今週来週とテストが返却されてくるため、それらを持ってくるよう

生徒たちには伝えております。

 

今回できていなかったところの原因を把握、解決していくことで

分からないところを持ち越さないよう、指導しています

 

こうしたものは一度放っておくと、じわじわと後からダメージが出てきます。

今のうちに、傷が深まらないよう、対処していきましょう!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

公立入試に向けて【馬渕校/駿河区】

私立入試が終わって早一週間。

生徒たちが人生で一番緊張したと言っていたのを聞いてから、

もうそんなに時間が経ったのかとついつい考えてしまいます。

 

生徒の中には私立単願の生徒もおり、高校生に上がる前の復習、

また、高校生になってからやる単元の予習に入っている生徒もおります。

 

しかし、まだまだ戦いの終わらない、いや新たに戦いが始まった生徒もおります。

 

そう、公立入試です。

 

私立入試が終わり、校内最後のテストを迎える生徒たちに少しでも休憩を!

とも思うのですが、何せ2月は28日までしかなく、公立入試まで残り1か月ない状況です。

 

私立入試対策を通してできるようになった部分も多くあります。

しかし、計算ミスであったり、まだまだやり方が曖昧な部分があったりと、

油断できない状態の生徒もいます。

 

近年、静岡県の公立入試の傾向は大きく変わってきております

例えば平均点。どの教科も平均点が大きく下がってきておりますが、

特に理科は平均点が30点近くだったのが、20点を切ってしまうこともありました。

 

なぜこのようなことが起こってしまっているのか?

 

まず全体的に言えるのが、記述問題が増加している。教科別で言えば、理科は

学校では習わない実験が出てくる、英語では長文の語数が多くなり、使われる単語も

難しくなっている、などなど様々な面で変わってきております。

 

このように難しくなる傾向にある入信に向けてどうしていくべきか。

知識をつけるのはもちろんですが、様々な情報を整理、取捨選択して理解していく読解力、

知識を結び付けて順序立てて説明していく論理的思考力・・・

 

こういった力をつけていかなければなりません。

 

残りの時間の中でやるべきこと、それこそ取捨選択して取り組んでいきたいと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

病気療養中の遠隔教育【北街道校/葵区】

義務教育となっている小中学校。普段通っている学校ですが、

突然病衣気になってしまった、怪我をしてしまって、

長い間学校へ行くことができない・・・。

そういったことが誰にでも起こりうることです。

 

やはり学校へ行くことができない、となると様々な問題が起こります。

・勉強についていくことができない

・外で遊ぶことができない

・友達とコミュニケーションを取ることができない

 

子供の成長の上で、勉強ももちろんそうですが、友達と会うことができない

というのは、非常に由々しき問題です。

 

そうした中、鳥取県教育委員会では、面白い試みを2019年から始めてます。

それは、病気療養中の児童の分身となるロボット「オリヒメ」を導入して、

授業に参加できる環境を作るというものです。

 

このオリヒメですが、カメラ、マイク、スピーカーが内蔵されており、

タブレット端末で遠隔操作をすることで、病室にいても授業に参加できる

仕組みとなっております。

 

これにより、一人で勉強するしかなかった子供が、授業に参加でき、かつ友達とも話すことが

できるため、長期欠席からもスムーズに復帰できるなどの効果もあるとのことです。

 

最近では、学校の教育改革に目を奪われがちですが

こうした誰にでも与えられた勉強の機会、そして塞ぎがちになってしまうといった

心の面でも、様々な改革が行われています

 

勉強の機会、という点では、問題を抱えてしまっている人が、意外と身近にいらっしゃることがあります。

私たちも、何ができるのか、どうしていくべきか考えていかなければなりません。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 北街道校□■
   教室直通:054-246-3002

 

 

 

意地の見せ所【馬渕校/駿河区】

さあ、いよいよこの日です。

 

私立入試の日です。

 

中学3年生に上がる前に、入試の傾向、注意点、勉強法・・・

これらの話をはじめ、春期講習・夏期講習・冬期講習・テスト対策、

ノンストップで走ってきました

 

成績が順調に上がって、自信をつけてきた子、逆に思うように点数が上がらず、

悔しい思いをする子、中には泣いてしまう子もいました。

 

しかし、私たちの生徒はこれらの経験を踏まえ、乗り越え、この日まで

頑張り抜くことができました。

 

日曜開校をする中で、なかなかに緊張してしまう子もいましたが、話していく中で

気持ちをリフレッシュさせ、気合を入れることができました。

 

あとは、これまで自分が培ってきたもの、ここまで努力を積み重ねてきた意地を見せる時です。

 

多くを語る気はありません。

 

自分を信じて戦い抜いてほしいと思います。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

残り一週間となりました【馬渕校/駿河区】

1月も残りわずかとなりました。

当然のことですが、1月が終われば2月が来ます。

この2月の最初の週・・・緊張の週です。

 

なぜならば

中学3年生は私立入試、中1,2年生は学年末テスト

と、大きなテストが控えているからです!

 

今週と来週は、これまでの学習で身に付いていないところの総復習、

そして、より深めてく作業、これらに充てられていくことになります。

 

どの学年においても、これまでのテストの中で、最高に難しい内容となっていきます。

そうした中で、平均点が下がる中、自分たちも点数が下がる・・・

 

ではなく!

これまでのテストの傾向や、重要ポイントをしっかりと押さえていき

点数アップにつなげていきたいと考えております!!

 

しかし、時間が本当に少ない!!

 

1月初めには県学調があり、一か月もしないうちにテスト・・・。

 

やりたいことが山ほどある!が、時間は限られている。

 

というわけでございまして、2月2日(日)ですが、開校することに決定しました!

 

ここでは、分からないところを聞くでもいいし、学校のワークをやるでもいいし、

自分にとって必要なことをやっていくようにしたいと思います!

 

残りの時間、一分一秒無駄にすることなく、生徒たちにやってよかった!

と思えるよう取り組んでいきたいと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

企業と教育の結びつき【馬渕校/駿河区】

2020年度からプログラミング教育実施というニュースが

耳に届くようになって、かなりの時間が経ちました。

 

ヒーローズでもプログラミング教室を開校しておりますが、

そういった塾も増えてきて、また学校においてもそうした特別授業を

行うところも出てきております。

 

そうした中で、このプログラミングの授業に関するニュースで面白い記事を見つけました。

その記事というのが、

「サイボウズらがkintone使用のプログラミング教育指導案を提供、無料研修も」

というものです。

 

おそらく、会社などでも使っている方は多いのではないかと思いますが、主に

グループウェアの提供で有名なITです。

 

そのサイボウズが、kintoneというプログラミングツールを使用した授業案を提供、

そしてプログラミング知識をより深めたい先生方に向け、研修も行うというのです。

 

ちなみに今回取り上げられていたものは、小学校4年生の国語と理科で、内容は

国語:新聞の作成のアンケート(プログラミングで考える・書く活動)

理科:継続観察(プログラミングで生き物の変化を学ぶ)

といったものです。

また、ここで使うkintoneですが、プログラミング言語は必要ではなく

それぞれの命令のパーツを組み合わせてアプリを作るものとなっております。

プログラミング教育で重要なのは、プログラミングを学ぶことではありません

プログラミングの活動を通して、自分の思い描いたものを

どの命令を使い、どのように組み合わせ、配置すればよいのか、順序立てて考える

 

このようなプロセスを通して、思考力を養う。仮に失敗してしまった時、

何が原因であったか、どのように変えれば思い通りに動くか、といった原因を追究、解決するような

問題解決能力、これらの力を養うための活動となっています。

 

これらの活動、考え方が、これから教育現場で導入されていくのです。

 

しかし、このプログラミング教育を巡って混乱しているのは誰かというと、先生方です。

 

新しいことを導入するとなると、設備の補充や知識をつけていかなければならないし、

そもそも既存の授業の中に、これらを取り込んでいくとなると、事例が少ないため

四苦八苦するわけです。

 

そうした中で、これらの知見を持っているIT企業が、授業でどのように結びつけることができるか、

また、どういったアプリがあって、どのように活用することができるかの紹介といったように、

その道のプロ、企業と連携することによって、円滑に授業を進めていくことができます。

 

教育の在り方が、これまでと大きく変わっていくことになります

自分たちだけで解決していくのではなく、こうした企業との連携というのが、

もしかしたら、今後主流となっていくかもしれません。

 

また、今回はプログラミングついて取り上げていきましたが、変わっていくのは、授業での内容だけでなく、

入試試験など、そうした中でも、急速に変わってきています。

この辺りのことは、またブログで書いていきたいと思いますが、いくら現場が混乱をするといっても、

その授業を受ける、テストを受けるのは子供たちです。今のうちから、そうした流れに対応ができるよう、

対策をうっていく必要があります。そしてもし、それらのことに危機感を持っているという方が

いらっしゃれば、ぜひ、ヒーローズに声をお掛けください!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

 

 

日本海の名前が変わる!?【馬渕校/駿河区】

先週のニュースで面白い?ニュースが報道されていました。

それは「日本海の呼称」についての話題です。

 

日本はロシアや韓国、中国との領土問題を抱えておりますが、

今回は韓国との問題となります。

 

では、日本海からどういった名称になるのか?

 

どうやら韓国側は「東海」という名前を変更するべきだとしているようです。

ちなみにこの韓国側からの意見はここ最近出たものではなく、20年ほど前から

言われていたことだそうです。

 

しかし、これまで韓国側の意見は認められず、度々訴えてきたが、その都度持ち越しという形に

なっていって、現在に至る状況となっています。

 

この韓国側の意見は正直、根拠はないらしく、根拠として提出されているものも

疑わしいものであるそうです(ネット調べ)。

 

ただ、韓国側もソーシャルメディアを使って、この「東海」という名称を使用して

いくことで、周知を図っているらしく、いくら根拠が明白ではないとはいえ、

何かしらの対策をしていかなければ危ないかもしれません。

 

しかし、私個人としては、名称が変わることに関しては、別のところで、

変わってほしくないと思っています。

 

何故かというと、「東海」名前に方角が入っています。けれども日本海は日本側から見ると

東側ではない・・・。

 

紛らわしい!!

 

ただでさえ、太平洋と混ざりやすい語句であるのに、ここにきてまたややこしいものに

変わってしまったら、非常に覚えにくい!!

 

まあ日本海との併記と言っているので、そこまでの心配をする必要はないかもしれませんが

生徒たちにとって覚えにくいものにはなってほしくないですね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

 

模試の結果は・・・【馬渕校/駿河区】

1月14日(月)成人の日。

多くの新成人が楽しそうにしている風景がニュースに取り上げられておりました。

他にも少々おふざけが過ぎてしまった方もいたようですが、自分自身も

この成人式、非常に思い出深いものです・・・。

 

まあ私の身の上話は機会がある時にお話するとして、

何も主役は新社会人だけではありません!

 

なぜならこの日は、ヒーローズ3年生の合同模試があったからです!

 

みんな真剣に取り組んでおり、流石受験生といった雰囲気でした。

 

そしてその模試結果、出たんですね~

 

今回、模試の結果を見て全体的に気になったことがいくつかありますが、

その中でも英語に関しては特に注意が必要だと感じました。

 

近年、記述問題、長文読解が増えてきており、かつ難化傾向にあります。

 

そうした中、ただ文法を覚えればよいというだけでなく、英単語をしっかりと覚えていること、

正しく文章を読み解くことができる読解力など多くの要素が絡んできます。

 

これらが合わさって、やっと問題を解くことができるようになります。

 

そして模試の解答を見てみると、以前よりも文章も書けるようになっており、

また抜き出す部分など正しく読み取ることができる生徒が増えてきていることが

分かりました。

 

 

詰めが甘い。

 

例えば未来形にしなければならないところを現在形にしてしまっていたり、複数形にしているのに

sを付け忘れる。「彼」が主語にならなければならないのに、しっかりと読んでおらず、「私」を

主語にしてしまうなど、そういったミスをする生徒が何人かおりました。

 

たとえ言っていることが合っていたとしても、そうしたミスが本番でもよくて減点、最悪の場合、

間違いとみなされます。

 

受験は1点の価値がものすごく高くなっております。

この1点をどれだけ大切にできるか、それが明暗を分けると言っても過言ではありません。

 

しかし、この模試はまだミスが許される場。ミスが許されると本人たちに言うことはありませんが、

今回の結果を踏まえ、どのように残りの時間を過ごしていくか、方向性が決まっていきます。

 

現状とそれに対する打開策、これらのことを話し合い、結果に結び付けていきたいと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

インフルエンザ大流行【馬渕校/駿河区】

37、444、1667

 

この数字が何を意味しているか分かりますか?

 

実はこの数字、休校や学級閉鎖の学校などの施設の数です。

(厚労省のデータより)

 

ちなみに37が休校、444が学年閉鎖、学級閉鎖が1667となります。

 

さらにここが驚きですが、このデータ2018年9月3日から12月30日までのデータなんです!

 

10月11月になると、ワクチンの予約がー!!だとか、県内初なんちゃら・・・

と話題になりますが、この数字を見ると、2000以上の学校施設で猛威を揮っているんですね。

 

その勢いはとどまることを知らず、2019年に入って、すでに学級閉鎖になってしまった

学校もあります。

 

ヒーローズでは現在、テスト対策、入試対策が始まっていますが、子供たちにも、手洗いうがい、

マスクの着用、そうした対策をしっかりとするよう、呼びかけていきたいと思います!

 

子供からすると、学校休めてラッキー!!

と思ってしまう子もいるそうですが、テストまで1か月もない中、

一週間つぶれてしまうと勉強なども取り戻すのが一苦労。

 

特に今回のテストは、これまでの中で一番難易度が上がるテスト・・・。

考えただけでも恐ろしいです。

 

事実私も高校1年生の時にテスト一週間前にインフルエンザになってしまい、

「なんだこの公式は・・・!!」

となって訳の分からぬまま勉強した記憶があります。しかも、インフルエンザになる時は、

決まって熱が40度を越えてしまうので、もうなりたくないですね。

 

とにかくこの時期は、子供たちにとっても、ものすごく重要な時期です。

しっかりと予防することの重要性、大変さを継続して伝えていきたいと思います。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

テスト対策始まりました!【馬渕校/駿河区】

4日間の休校も明け、今週から早速テスト対策が始まりました!

 

県学力調査から日はあまり経っていませんが、あまりゆっくりしている時間はありません。

 

静岡市内の学校ですが、テストがあるのが、2月の2週目というところが多いです。

 

そう、もう一か月もないのです!

 

それにも関わらず、学校の現在の内容は、終盤ということもあり、生徒が今なお苦手としている

証明や電流(中2)、図形や光、火山(中1)なかなかハードなラインナップとなっております。

 

内容を進めようにも、一つ一つ理解しながら進まなければ定着のできない単元・・・

何ができて、何ができないのか、私たち講師だけでなく、本人たちが自覚していなければ

ならない部分でもあります。

 

残り時間が一か月を切っている中、

・自分の目標点数が何点か

・現状できていないところは何か

・それをできるようにするには何を取り組むか

・いつまでにできるようにするか

 

ゴールに向けてどこまでに何を取り組むのか、

計画を立ててしっかりと実践をしていかなければ

100%点数は下がります。

 

一回一回の授業の中で確実にできるものを増やしていき、本番に臨むことができるよう、

最初から全力で取り組んでいきたいと考えています!

 

またそれだけなく、実は休校中でもしっかりと勉強ができるように、動画を作成し、見てもらうようにしていました!

家での寝る前や宿題で躓いてしまった時、ぜひ、活用していってほしいと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

 

 

 

 

お疲れ様です【馬渕校/駿河区】

先日、県学力調査が終了しました。

12月から始まった冬期講習もとうとう終わりました。

 

1,2年生は学校、部活がある中、ほぼ毎日来てくれて

本当に頑張ってくれました!

 

どのような様子だったか連絡をくださった保護者様もいらっしゃいましたが、

本人たちにもどうだったか、改めて聞いていきたいと思います。

 

というのも、実はヒーローズでは1月10日(木)から1月13日(日)まで

休校となっております。

 

 

そのため、結果や様子が気になってしまって

若干私もそわそわしてしまっていたりします・・・。

 

とはいえ、これまでの冬期講習をがんばった生徒のみんなには

しっかりと体を休めてもらいたいと思います!

 

そして来月に控えるラスボス・・・校内テスト

に向けた授業に臨んでほしいと思います・・・。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

新年初テスト【馬渕校/駿河区】

新年を迎えてから、1週間が経ちました。

学校も始まり、徐々に休み気分から脱却してきているころではないでしょうか?

 

とはいえヒーローズでは1月3日から授業が始まり正直、そういった気分が全くなかったかもしれません。

 

子供たちからしてみては、まだ面白い番組がやっているのに・・・!!

と、若干の恨みを抱いている生徒もいるかもしれませんが・・・

こういった休み気分を早めに脱却したい理由がこちらとしてはあるのです!

 

県学力調査です。

 

これまで学んできたすべての内容が範囲となるこのテスト

たかだか数日の期間でどうこうなるものではありません!

 

早めの段階から自分の弱点を見つけ出し、それを克服していく・・・

 

そういった準備をどれだけ早く行うか、意識をテストに向けていくか、

気持ちの面、行動の面、二つの面を早期に切り替えていくことが重要となります。

 

まだ休みたい、そのような気持ちが分からないわけではありません。

しかし、残り僅かな時間の中で、今一度、しっかりと意識付けを行っていきたいと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

順調ですか?【馬渕校/駿河区】

明けましておめでとうございます!

 

とうとう新しい1年が始まりました!

皆様は去年、やり残したことはありませんか?もう新しい目標を立てましたか?

スタートもそうですが、今年1年、より良いものになるよう、祈っております!

 

さて、休校も終わりとなりますが、勉強は順調ですかね?

 

というわけで、時が経つのは早いもので、明後日には授業を再開いたします。

 

3日まで休みたいよー

 

と思ってしまうかもしれませんが、実はそうも言っていられないのです。

 

1月3日の1週間後、なにがあるか・・・。

 

そう、1,2年生は県学力調査があるのです!!

 

私たちからしても、しっかりと休んでもらいたい・・・。

 

気持ちはあるんです、あるんですが・・・

 

それとこれとは話が違う

 

ということで、3日から開校という形にしました。

 

新年はゆっくりとしたいという気持ちはわかりますが、

こういう時だからこそ、気を引き締めて、取り組んでもらいたいと思います。

 

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

年末年始は・・・【馬渕/駿河区】

皆さん、年末年始はどのように過ごされますか?

ちなみにヒーローズ馬渕校は・・・

12月30日(日)~1月2日(水)まで休校となります!

 

年末年始は本当に面白い番組がたくさんあります。

私もある番組を楽しみに今もまだかまだかと待ちわびております!!

 

ちなみにその番組は、「笑ってしまうとおしおき」されます。

 

そんな楽しみで仕方のない年末年始ですが、受験生はそうも言っていられませんね。

2月には私立入試、3月には公立入試とラストスパートを切っていかなければなりません。

 

時には休むことも大切ですが、今回もしっかりと入試に向けた課題を用意してあります。

また、中学1,2年生も県学力調査、校内テストと立て続けにテストを控えており、

休んでばかりではいられません。

 

この休校中、しっかりと怠けることがないよう、計画的に進めてほしいと思います。

 

また、もう一つ注意しなければならないことがあります。

 

インフルエンザです。

 

やはり人混みが多くなるこの期間、いつ、どこで菌をもらってしまうか分かりません。

 

外に出るときの過ごし方に関してもしっかりと注意して過ごしてほしいと思います!

 

少し早いですが、よいお年を!!

 

1┃年┃間┃お┃疲┃れ┃さ┃ま┃で┃す┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

電気のない生活【馬渕校/駿河区】

皆さま、突然ではございますが、

電気のない生活を考えたことがありますか?

 

ちなみに私は考えたことがありませんでした。

 

「考えたことがありませんでした」

 

ということは、考えるきっかけができてしまいました。

 

先日、ちょうど電気工事、エアコンの取り替えがあり、電気がとまりました。

 

時間にして5時間。暇でしたね。

テレビ見れない、洗濯できない(しませんが)、携帯充電できない…。

 

とはいえ、買い物に行くのも気が引けるし…。ということで、読書をしていました。

 

まぁ溜まっていた本を読むことができたので、それはそれで良かったのですが、

 

これが仕事中だと思ったら、ぞっとしますね。

 

立会いが必要になるため、タブレットから紙を印刷することができないので、教材準備ができない。

wi-fiが切れるので、パソコンできない。そのため、できることはかなり限られてくる…。

 

もっと別の話をすると、災害時です。

電気がないと水道が使えない、ガスも使えない、トイレも使えない。

 

自分の身近なところから派生させて考えると、様々なことを考えさせられます。

 

分かっているならば、想定できるならば、事前に自分ができることを考えていかなければな、

と考えさせられました。

 

クリスマスに話すことじゃなかったですかね?

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

全国学力調査、変わります【馬渕/駿河区】

冬期講習もいよいよ後半戦!

復習もひと段落ついてきて最後の仕上げに取り掛かる頃となっております。

 

さて、そんな冬期講習の真っただ中ではございますが、

来年のテストに関してのお話をさせていただきたいと考えております。

 

新学年が始まり、最初に行うテストがあります。

 

全国学力調査です。

 

何年か前に、静岡県の順位が・・・といったことがニュースで

取り上げられたこともありますが、

 

昨年は国語、数学(算数)、そして理科が科目として入ってきました。

その中でも国語と数学に関しては、

基礎的な知識を問うA問題

応用力・思考力を問うB問題

といったように、テストが分けられていました。

 

しかし、次回行われる全国学力調査ではこのA・B問題が統合されてしまうそうです。

また、中学生に関しては、英語も追加されるとのことです。

 

今回、このA・B問題が統合される背景として、

①学習指導要領の改訂に沿った内容とするため

②思考力・判断力といった問題解決能力を重視したため

このようなことが挙げられます。

 

新学習指導要領の内容としては、各教科で共通する

「資質・能力の3つの柱」というものがあります。

その3つの柱の内容は先ほどの②と保母同じものとなります。

知識は知識、応用は応用で問題を出すのではなく、

自分が持っている知識をもとに、考えて答える、

というプロセスを盛り込んだものと考えられます。

 

ネットで検索するとサンプルで上がっているものがありますので、

どういった問題が出るのか、事前に見ておきたいという方は、

ぜひ検索してみてください。

 

こういった流れに対応するには、始まってからでは遅いです。こういった

情報を知ったなら、自分が危険だと思ったら、早めに行動していくことが

大切となります

 

現状に不安を抱えている方、どういった教育になっていくのか知りたい方、

ぜひ、声をおかけください。いつでも相談に乗らせていただきます!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

環境を考慮した整備【馬渕校/駿河区】

最近ニュースで見つけたのですが、小中学校でも環境に考慮した施設の設置が行われているようです。

「環境に考慮」といっても様々な取り組みがありますが、今回のニュースでは

     

太陽光発電の設置状況について取り上げられていました。

         

文科省の調査によると、31%以上の小中学校で太陽光発電設備を設置してるそうです。

ちなみに都道府県別のデータは文科省のHPで見ることができるので、興味のある方は、ぜひご覧になってください。

    

この環境問題ですが、私たちの授業ともかかわりのあることです。

特に理科・社会では、環境問題やそれに対する取り組みが題材として取り上げられることが多くあります。

          

理科では、3年生のイオンの部分では電池について、運動のエネルギーの部分では水力発電やその他のエネルギーが、

どのように電気エネルギーに変換されるか、といった問題。

社会では、日本の資源やエネルギーの現状の部分で、再生可能エネルギーの取り組みや現状、

バイオマスエネルギーについて取り上げられたりしています。

            

またそういった分野になると、学校でも自分たちの地域での取り組みや、環境問題について

     

どうしていくべきか考えさせるような授業を行う先生もいらっしゃいます。

       

こういった地域、学校での取り組みが自分たちの生活に、そして世界にとってどういった影響を与えるのか、

狭い社会から世界へ目を向けて考えることもできるため、ただ環境にいいものを、というだけでなく、

考えさせるいいきっかけともなるため、ぜひ、どんどん増やしていって環境と教育、両方の面で活躍させていってほしいと思います。

               

また、もっと言えば、地震やその他の災害が起こった時、こういったところでも活躍すると思います。

備えあればなんとやら・・・といいますが、様々な機会で活躍できるものですので、波及していってほしいと思います。

            

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

復習進んでいます【馬渕校/駿河区】

ヒーローズでは、12月3日より冬期講習が始まっています!!

ある生徒は計算問題を徹底復習

ある生徒は、文章問題やこれまでの学年の復習を

ある生徒は受験に向けて予習を行い3年生の範囲を終わらせる

一人一人に合わせて対策を行っております!

先月多くの学校でテストが行われ、その結果が返却されました。

その結果はどうでしたか?

期待した結果が取れなかった・・・

平均点を下回ってしまった・・・

全然内容を覚えていなかった・・・

そういった方は、この冬休みの過ごし方に注意しなければなりません!!

来年やればいいや、まだやらなくてもいや、そうして復習や見直し疎かにすると

取り返しのつかないことになります!!

その年の問題はその年に片づける。今がそのチャンスです!!

今回のテストで点数が振るわなかった方、県学調が終わって進路に迷っている方

ぜひ、ヒーローズに足を運んでみてください!

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

映画から学ぶ公民教育【馬渕校/駿河区】

公民では様々なことを学ぶことができます。

政治や自分たちの暮らし、人権などなど・・・。

 

私たちが集団の中で生きていく中で考えなければならない、

また社会の中で知っておかなければならないことがたくさん

詰まっている分野となります。

 

しかし、それゆえ学ぶことも多く、学び方も様々です。

クラス全体で模擬裁判を行ったり、グループを作ってその中で話し合ったり

その単元にあった学び方、子供たちに体験してほしい活動があり、

工夫の求められる分野でもあります。

 

その公民の授業ですが、とても面白い試みの授業を見つけました。

それは、ビデオを使った授業です。

しかも、監督本人が教室を訪れ、クラスで議論をしていくというものでした。

 

第2次世界大戦期に、ドイツの脱走兵が実際に起こした事件を題材としたものと

なっており、登場人物の行動に関してや、その当時の状況、問題の所在や責任はどこにあったのか

といったことを討論していく授業となっていたようです。

 

戦争の中で行われていた独裁政治、戦争犯罪やナチスは果たして特定の者だけの責任なのか、

疑問を抱きながらも、そのことに従った理由は何なのか・・・。

 

映画の内容に関しては、詳しくは触れませんが、

実際の出来事を映画の中で体験し、当時の様子を想像しながら、現在の自分たちとの考えと

照らし合わせていく中で、議論を行い、また、それを実際に映画を作成した監督と意見を交える

ことで、より深い考えへと導いていく

 

近年話題の主体的な学びというところでもそうですが、お互いに意見を出し合っていく中で、

様々な考え方い触れる中で、尊重し、自分の意見と合わせてくことで、新しい考えを生み出す。

また、実際にディスカッションをする中で、何を話していくか、どういった順番で話していくかなど、

豊かな創造性と思考力も同時に養う。

 

たった一つの授業ですが、こういった様々な工夫、つけさせたい力をつけさせる

多くの試みがなされており、非常に素晴らしい授業だと思います!

 

教育改革の流れとは言え、自分たちが受けてきた授業とは、大きく変わってきており、

こういった授業を私たちも学んでいかなければならないなと思いました。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学生が増える!?【馬渕校/駿河区】

近年、国際関係から始まり、日本の英語教育の改革、企業の外国人登用など

様々なところで、国際化の流れを感じさせるニュースが流れています。

 

そういった中で今回、大学の留学生受け入れに関する話題が出てきました。

 

留学生の受け入れは今では特に珍しくはないですが、ある規定が設けられていました。

・原則として12年の学校教育課程を修了していること

18歳以上であること。

国によっては、高校までの教育課程が12年に満たない国や、バカロレアなどで大学入学資格が

与えられている者例外ではなく、この規定によって、受け入れが行われていました。

ちなみに外国人だけでなく、帰国子女もこの規定に当たります。

 

これに対して文科省は、11月26日、この年齢制限を撤廃するべきではないか、という方針を出しました。

理由としては、簡単に言ってしまうと「国際化の促進」ですかね。

 

また、インターナショナルスクールなどで成績優秀者として18歳未満で卒業したが、

日本ではこの規定があったために、大学入学を断念した、といったこともあり、

このようなことを避けるため、といったこともあるとのことです。

 

またそれだけではなく、帰国子女や留学生の方には、私たちにはない能力を持っており、

それが大きくなメリットになることもあります。

いくつか挙げるとすると・・・

・日本での英語教育よりも現地での経験から言語能力の面で優れている。

・様々な生活様式や習慣、文化に触れていることから、国際的な視野に立って

物事を考えることができる。

・考えたことをはっきりと伝えることができる。

 

日本の教育改革、何年も前から話題に挙げられているものとしてはアクティブラーニング

なんてものが有名ですね。教育現場だけでなく、ニュースでもちょくちょく取り上げられていました。

 

これらの教育改革を行う理由として外せないのは、やはり「国際化」です。

世界と比較したときの日本では、やはり劣っているものがありました。

自己表明であったり、ディスカッションの能力であったり、創造力であったり・・・

 

そういった能力を諸外国で行われている教育と、自国の教育を合わせることで、

これから必要になってくる能力を育んでいく、といった考えなどもあり、これらの

教育が行われている一面もあります。

 

それを直に体験している留学生・帰国子女はそういった面で私たちよりも

抜きんでていると言っても過言ではありません。

 

そしてそういった人たちと学び、吸収していくことができれば、それは本当に素晴らしい経験

となると思います。あとは、それを少しでも吸収することができるように、自分たちも

変わっていく必要があります。

 

英語の能力はもちろんですが、考えに対して意見を伝えることができるか、自分の経験と知識を

結び付けて考えていくことができるか、などなど・・・。

 

これから大学だけでなく、社会に出た時もこのような方々と触れ合う機会が増えていきます。

また、中学生や高校生であっても、交換留学や交流会といったイベントが増えていきます。

 

自分たちの日々の生活、考えていかなければいけませんね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

 

 

 

来週に迫りました【馬渕校/駿河区】

現在、中学3年生に関しては、県学力調査に向けての勉強を行っております。

この県学調ですが、とうとう残り1週間となりました。

 

生徒の中にはいつも通りの様子の子から、緊張のためか憂鬱な顔をしている子まで

様々な様子が見て取れます。

 

というのも先週の日曜日に、馬渕校では模試を行いました。

この模試の採点とフィードバックを生徒に行っていきましたが、思ったよりも点が

取れずに悔しそうにしている生徒順調に点を伸ばす生徒、それぞれいました。

 

そういったことから不安を抱えてしまう生徒がいるわけですが、この1週間は本当に大切となります

 

とはいえ、このままでは不安をぬぐい切れないまま当日を迎えてしまう・・・。

 

そこで、生徒一人一人にしっかりと今後の目標を伝えていきました。

今回、なぜこの問題を間違えてしまったのか、自分の中で一体何が原因であったのか、

まずは自分たちの中で、原因を考えさせ、自分なりに何をしていくべきかを考えさせる。

そして、今度は自分が分析して何が必要であるかを、付け足して伝えていき、

最後に、何点を目指すか、残り少ない時間でどの教科を重点的に行っていくか、

ということを擦り合わせていきました。

 

時間は有限です。今、自分にとって必要なことは何か、できることは何があるか、

しっかりと考えることで、少しでも自分にとって,よりよい、実りある時間にしていければと思います!

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

決まりました【馬渕校/駿河区】

以前ブログの中で、来年度の全国学力調査で英語にスピーキングのテストが導入される

というお話をしました。

 

しかし、最近の議題の中で、来年度の段階では実施しないことが決まりました。

ただこれは「学校単位で」やるかやらないか決めるとのことです。

 

理由としては、学校によっては設備の設置などの関係によって、十分な環境を

提供することができない、ということが挙げられております。

 

全国のテストとなる、ましてや初めての試みとなる中で、まだまだ改善の余地があるということです。

 

実施する学校では、この「話すこと」を実施した総数のみを集計、公表するとのことでした。

そのため、英語調査の結果自体は、

「聞くこと」「読むこと」「書くこと」の3つの技能の合計で、点数を出すとのことです。

 

静岡市の中学校で、どれだけ実施するかは分かりませんが、これからどうなっていくのか・・・。

 

とはいえ、話すことだろうが、書くことだろうが、単語の勉強や文法の勉強は、これまで通り

必要不可欠となります。

 

あとは、その学んだことをどのように活かすか、活かすことができるように指導していくか、

私たちも日々の生活の中で考えていきたいと思います。

 

ちなみに当校では冬期講習を行いますが、英検の対策も行っていきます。

これらの力につながることを勉強できるため、ぜひ興味のある方は、ご連絡を

お待ちしております。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 馬渕校□■
   教室直通:054-266-7662

 

 

ついに・・・です【馬渕校/駿河区】

とうとう来ました。

テストです。

 

学校によっては来週というところもありますが、馬渕校の生徒の中には、

今週テストがある生徒が多くいます。

 

しかも、中学3年生は県学調に即した範囲の学校もあり、なかなかのボリューム。

中学1年生にしても歴史の平安時代から室町時代手前まで出るなど、かなりハードです。

 

そのため、このテスト対策の期間は多くの復習、そして課題と大変だったと思います。

しかし、分からないところもしっかりと自分で調べるその日の復習をしっかりとするという

生徒もおり、真剣に取り組んでおりました。

 

その成果を存分に発揮してもらいたいと思います。

 

また、3年生はここで全てが決まります。

これまで

・計算ミスがあった・・・。

・途中で計算が終わってしまった・・・。

 

次のテスト、チャンスがあって、じゃあこれらを無くすためにはどうしたらよいか、

とこれまでは対策を考えることができましたが、そのチャンスはもうありません。

 

気持ちよくテストに送り出す、ということも大切ですが、

この1回のテストの重要性もしっかりと伝え、本番に臨んでもらいたいと思います。

 

今週テストがない学校の生徒も、テスト対策は佳境に迫っています。

 

ぜひ、最後のひと踏ん張り、サポートしていきたいと思います!

学校外活動【馬渕校/駿河区】

皆さん、土曜日や日曜日、夏休みはどのように過ごしていますか?

 

まったりくつろいでいるよ

習い事に通っているよ

勉強しているよ

 

いろいろな過ごし方があると思います。

 

これらの休日ですが、最近の情報によると、文部科学省はこのようなことを考えているようです。

 

「総合的な学習の時間」について、土日や夏休みの間に

学校外の学習を授業に位置付けていく

 

この理由として

・平日の授業の中では、地域調べや職場体験までしかできない

・新学習指導要領で探求学習を重視するため

・地域資源の活用や問題解決学習を展開しやすくするため

といったことが挙げられます。

 

実際の授業の中で、自分たちで考えたことや調べたことを実際に見る、体験する、

といったことは難しいです。

 

このことを導入することにより、実践的な学習、図書館や博物館を活用した調べ学習を

展開していくことが可能となります。

 

これまで以上に踏み込んだ学習、地域社会に密着した学習が可能となります。

しかし一方で、習い事の関係やその他の予定等、なかなかに困難となるだろうなと

予想することができます。

 

まだ検討段階なので、どのようになるかはこれから詳細が明らかとなってくると思いますが、

どのようになってくるか、注視していかなければなりません。

 

また、今回のところで一番のポイントは、「問題解決学習、探求学習の重視」というところです。

今回のことに限らず、身に着けた知識を活かしていくこれらの活動は、様々な分野で重要とされており、

学校でもこれらの学習に力を入れております。テストにしても、これまでの知識を問う問題から、

学んだ知識を結び付けて考える問題が増えてきております。

 

様々な学習が取り入れられていきますが、身に着けるべき力は共通しています。

ヒーローズでもこれらの力を身に着けるべく、授業を行っているため、

興味のある方は、ぜひ、連絡をくださいますよう、宜しくお願い致します!

ドラゴンボール【馬渕校/駿河区】

今回のブログは勉強とは何も関係がありません。

 

先週の日曜日にセブンイレブンに行きました。ふと棚を見るとある物に目が行きました。

 

ドラゴンボール一番くじ

 

皆さんにとっての憧れ、ヒーローともいうべき存在はいますか?

ちなみに私はマリオです

 

ドラゴンボールでは悟空、いやカカロットがヒーローにあたると思いますが、残念ながら私がドラゴンボールで

一番好きなのはベジータなので、ちょっと外させていただきました。まあベジータもヒーローの一人であるのですが、

ヒールな一面もあったので、ご了承くださいませ。

 

そんなドラゴンボール一番くじですが、なんとベジータのフィギュアがあるではありませんか!!

 

買わなければならないと思い、2枚くじを買いました。

 

ちなみに他にもフィギュアはありましたが、いくつかなくなってしまっており、確率としては多少は当たりやすくはなっている。

 

さすがにくじだけでは申し訳なかったのでお菓子も買い、くじを引いたところなんと・・・

 

当たったんですねぇ~

 

 

ちなみに魔人ブウ編のベジータです。

 

年をとっても自分が欲しいと思ったものが手に入ると嬉しいですね。

 

ドラゴンボール好きな生徒がいたらぜひ自慢したいと思います。

 

 

 

マスクの準備をしましょう【馬渕校/駿河区】

最近、マスクをする人が増えてきましたが、とうとうこの時期が来てしまいました。

 

インフルエンザです。

 

学校の中にも先週の段階で、学級閉鎖になってしまったクラスもあり、今年も様々な

影響を及ぼしてしまうのではないかと、心配になってしまいます。

 

・昨年も予防接種の予約が取れず、結局打つことができなかった。

・冬期講習の時期にインフルエンザにかかってしまって追いつくのが大変に・・・。

・違う型のインフルエンザにかかってしまい、散々な1年に・・・。

 

受験生の中には、受験1週間前にインフルエンザになってしまって焦ってしまう、

といったことも考えられます。

 

本当に大変な時期です。

 

今、自分ができること、マスクをつけるなり、手洗いをしっかりとするなりできることを

やっていくことが大切です。

 

ぜひ、明るい将来の為に、コツコツと対策をしていきましょう!

 

勉強とともに

中学校での英語教育【馬渕校/駿河区】

中学校での英語教育に当たり、ICT環境の調査が行われたようです。

 

なぜ、英語教育でICTが必要なのでしょうか?

 

その理由としては、今、小学校教育でも言われてる「読む・書く・話す・聞く」の

4技能の習得というものがポイントとなっております。

 

今回ニュースになっていたものは、PCを使って自分の発音などを記録するといったような

ことに使用していくようです。

この使い道ですが、2019年度全国学力・学習状況調査で「話すこと」の実施に当たり、

使用していくとのことです。

 

この「話すこと」の実施に関しては、まだ実施予定ではありますが、これからの高校受験の改革や

4技能の習得に向けた動きから、これまでの塾での教え方や内容など、受験対策など新たなカリキュラムを

模索していく必要がありそうです。

 

英単語を覚える時もそうなのですが、単語の綴りは覚えているが、発音がわからないという生徒も

少なくありません。

これまで「書くこと」や文章を「読むこと」に関しては問題がなかった生徒で、この新たな取り組みの中で

これまで問題にならなかったところが、新たな弱点として登場するかもしれません。

 

英検の2次試験のように、ただ覚えるだけでなく、実際に使用することができる英語、

実用的な英語を身に着けていくことが必要となります。

 

テストの傾向が変わってから対策するのではなく、その変化に向け、今できることを少しずつでも

進めていかなければ間に合わなくなってしまいます。

 

ぜひ、そういった情報に耳を傾け、危機感を持っていきましょう!

 

 

 

まだまだ受付中!!【馬渕校/駿河区】

ヒーローズ馬渕校ではまだまだ受付中です!!

 

何を受付中か?

 

全国統一小学生テストです!!

 

前回応募していただいた家庭も、また新しく受けていただく家庭も、

多くの方が応募してくださっております!

 

席には限りがございます。まだ席が残っている今がチャンスです!

 

「これまでの知識がどれだけ身についているのか知りたいお子様」

「自分の実力に自信があり、実力を試したいお子様」

「私立受験を考えているお子様」

 

ぜひ、参加してみてください!

 

また馬渕校では、全国統一小学生テストに向けた無料の対策授業を行わせていただいております!

こちらに関しても事前に予約が必要となる為、ご覧になりましたらすぐにご連絡ください。

 

お待ちしております!

 

 

どうなる英語教育!?【馬渕校/駿河区】

静岡では、小学校の英語教育が必修化となり、また大学入試でも英語の民間試験を導入することが

検討されているなど、どんどん英語教育が変わっていくことに!

 

ということが前々から言われてましたが、ここにきて、最近また動きがありました。

 

それは・・・

 

共通テストでの民間試験導入が遅れる

 

この共通テストでの民間試験の導入の目的としては、グローバル化社会の中で、

これまでの「読む・聞く」の技能だけでなく、「書く・話す」も交えた4技能の習得が

必要であるとの考えから、導入されることとなりました。

 

しかし、国立大学協会によると、全受験生に民間試験を課す方針を決め、ガイドラインを示しているが、

半数近くの国立大では、この方針に従うかさえ決まっていないとのこと。

 

以前ネットのニュースを見たのですが、東京大学でも「民間資格の提示に関しては任意によるもの

とする」と書いてありました。

 

もともとのガイドラインでは、①出願資格として②センター試験での加点として③先ほどの①と②を

組み合わせたもの・・・

といったように数パターンに分け、実施する予定であったとのことですが、大学によっては

公平性などの面から意見がまとまらず、未定とする大学が多いようです。

 

このように、新たなことを始めるとなると、多くの問題や課題にぶつかることとなります。

これからの私たちの勉強にも大きく関わってくることになる為、注意が必要です。

 

とはいえ、導入されるか微妙だからと言って、やらなくともいいというわけではありません。

どのような状態になってもいいように、今のうちにしっかりと準備をしていくようにしましょう!

BTB溶液の色の変化【馬渕校/駿河区】

理科の実験問題でよく出てくるBTB溶液の色の変化を覚えましょう。

BTB溶液は、アルカリ性・酸性・中性によって色が順に、
青・黄色・緑に変化する指示薬です。

まず、アルカリ性・酸性・中性の頭文字を取って、アル・酸・中(ある山中)とします。
次に、青・黄色・緑を青・黄・緑(青木みどり)とします。

ここまでくれば後はイメージ力をどれだけ強く働かせることができるかの勝負です。

号外新聞の見出しにはこう書かれていました。

ある山中で青木みどりさん遭難

シンプルですが覚えると便利ですので、ぜひ覚えてください!

日本アルプスの暗記【馬渕校/駿河区】

日本でもっともけわしい中央高地の山岳地帯を日本アルプス
あるいは日本の屋根といいます。

普通は飛騨山脈だけでなく3つの山脈のことを指します。

地図に向かって左側、すなわち日本海に近い方が北アルプスの飛騨山脈
はさまれているのが木曽山脈(中央アルプス)、
そして太平洋側に近いのが赤石山脈(南アルプス)です。

飛騨山脈の最高峰が奥穂高岳(3190m)、
木曽山脈の最高峰は駒ケ岳(2956m)、
赤石山脈で一番高いのが北岳(3192m)になっています。

今日は飛騨・木曽・赤石山脈を覚えてしまいましょう。

まず、一番左(ひだり)にあるのが飛騨(ひだ)山脈です。

真ん中は物事の基準・基礎を設けるところということで木曽(きそ)山脈です。

石という漢字は右に似ています。赤石山脈は地図では右側、
さらに3つのうち夕焼けの真っ赤な景色がもっとも美しい山と覚えれば、
これらの山脈をなかなか忘れません。

是非お試しください。

重要年号1919【馬渕校/駿河区】

1919年は受験において重要な出来事が色々起こった年でもあります

有名なところでいうと、第一次世界大戦後ベルサイユ宮殿でベルサイユ条約が結ばれた年です。
このとき、中国が要求した「21か条の要求の破棄」が無視されたために、
中国全土で5月4日に起こったのが五・四運動です。

「21か条の要求」とは、第1次世界大戦の最中、
1915年に日本が中国における権益を拡大するために出した要求のことで、
中国の排日運動はピークに達します。

同じ1919年3月1日、朝鮮でも日本からの独立を求めて三・一独立運動が起こります。
独立万歳を叫んだことから「万歳事件」ともいいます。

それからもう1つ忘れてはならないのが、
世界で初めて社会権を盛り込んだワイマール憲法
ドイツで制定された年でもあるということです。

1919年の出来事である、ベルサイユ条約、五・四運動、三・一独立運動、ワイマール憲法は
すべて重要事項で高校入試にもよく出題されます。

この中の、五・四運動と三・一独立運動を覚えます。
中国ではデモ行進(五・四)、 朝鮮では万歳(三・一)

高校入試でもよく出てくる項目ですので、受験生はぜひ覚えておきましょう!

オームの法則【馬渕校/駿河区】

高校入試の理科で、電気に関する分野はほぼ毎年出ています。
中でもオームの法則は頻繁に出題されています。

抵抗=電圧/電流、電流=電圧/抵抗、電圧=抵抗X電流となっていますが、
この関係をy=axの比例式に当てはめて効果的に覚える方法があります。

すなわち、y=電圧(ボルト)x=電流(アンペア)a=抵抗(オーム)
と置き換えて考えるのです。

そもそもオームの法則は、電熱線のグラフからわかるように電流が0の時は電圧も0、
電流が2倍・3倍・・・と増えていけば、電圧も2倍・3倍・・・と増えていくという、
原点を通る直線になっています。

つまり、aはグラフの傾きを表す定数なので、抵抗は一定であるということを示すのです。

例えば、電熱線Aの抵抗が20Ωなら、いつまでも20Ωで、ころころ変わったりはしません。
それにひきかえ、xとyに当たる電流と電圧は変数ですから、しきりにその数値が変化するのです。

y=axの式を、a=の式に変えると、両辺をxで割って、a=y/xとなり、抵抗=電圧/電流と一致します。

また、x=の式に変換すると、両辺をaで割って、 x=y/aとなり、電流=電圧/抵抗と一致します。

ポイントは、分数の形の時には、必ず電圧が上に来るということです。
要するに電圧(ボルト)は、割る立場ではなく、
割られる立場しか持ちあわせていないということなのです。

しかも、電圧自体を出そうと思えば、
残りの電流(アンペア)と抵抗(オーム)を掛け合わせればよいのですから、
電圧(ボルト)はいつでも上の方にいる親分と見立てることができます。
そして、残りの電流と抵抗は子分なのです。

いかがでしょうか。オームの法則が少しでも身近に感じ取れましたか?

種子植物の覚え方【馬渕校/駿河区】

種子植物とは種で子孫を増やしていく植物のことで、大きく2つに分けられます。

アブラナの場合めしべの根元のふくらみを子房と言いますが、
その子房が将来種子になる胚珠を包み込むようにしているのが被子植物で、
子房というものがなくて、胚珠がむき出しになっているものを裸子植物と言います。

被子は「子房が被っている」、裸子は「子房がなくて裸ん坊」というわけです。

裸子植物の代表は スギ・イチョウ・マツ で、
約束の時間スギてもイチョウ(一応)マツよ」で覚えれば即記憶できます。

被子植物の方は、さらに2つに分けて単子葉類双子葉類があります。

単子葉類は「発芽した時の葉(子葉)が一枚(単)」、双子葉類は「発芽した時の葉が2枚(双)」であることから、このような名前がついているのです。

単子葉類の代表は、ユリ・アヤメ・イネ ですが、「ユリとアヤメがイネーぞ」でOKです。

双子葉類は、さらに合弁花類離弁花類に分かれます。

合弁花とは花びらが合わさっているという意味で、
タンポポ・ヒマワリ・キク・アサガオ・ツツジなどのよく見聞きする花たちが名を連ねています。

離弁花とは花びらが一枚一枚離れているという意味で、
エンドウ・サクラ・アブラナ がその代表です。
遠藤さんがサクラから油七滴取った」と覚えましょう。


以上のことをしっかりと覚えれば種子植物の分類の問題はほぼ完璧に解くことができます。

簡単なのに解けない⁉️【馬渕校/駿河区】

数学検定準2級2次試験の問題に、
易しいにもかかわらず意外に生徒たちが手を焼いたものがありました。


ある池のカメを30匹捕獲し、それらのカメ全部に印をつけて池に戻しました。
7日後に、同じ池でカメを20匹捕獲したところ、その中に印のついたカメが6匹いました。
この池には、カメは何匹いると推定できますか。


このような問題は学校の試験にはめったに出ないので、
面食らった生徒がかなり多かったようです。

新傾向の問題だと考えても良さそうですが、
単純な比に関する問題だと気づけば暗算で即座に解けるのです。

模範回答は次のようになっています。

池にいるカメ全体の数をx匹とすると、
x: 30=20: 6 6x=600 x=100

答 100匹

つまり、何匹いるかわからない中から無作為にカメを30匹捕まえて印をつけたのです。

7日後というワードにまどわされてしまった子もいたようなのですが、問題の中に無視しても良い数字があることに気づくこと(読解力)は非常に大事なことなのです。


受動態『be surprised at 』【馬渕校/駿河区】

「~に驚く」という言い方は、英語で「be surprised at ~ 」を使います。

例えば、「彼はその知らせに驚きました」という時には、

He was surprised at the news.となります。

be動詞と過去分詞が用いられていますから、受け身の形をしています。

よって直訳すると、wasが「ました」surprisedが「驚かされ」となり、
全体では「彼はその知らせに驚かされました」とできます。

よくよく考えてみると、英語のほうが理屈に合っています。

ある知らせを聞いて、自分の意思でびっくりする人などいません。

厳密に言うと「驚いた」という言い方のほうがおかしいのであって、
「驚かされた」の方が正しいのです。

しかし、長い間この言い方になれてきたので実際には「驚かされている」にも拘らず、
「驚いた」と表現しているのです。

また、「私は沖縄で生まれました」は、I was born in Okinawa.と英語で表現します。

bornは、bear-bore-bornの過去分詞に当たるもので、bearは「生む」という意味なので、
受け身で使われる過去分詞のbornは、直訳すると「生まされ」となります。

したがってwas born の部分は、「生まされました」となるわけです。

さらにbyを用いれば「by my parents(私の両親によって)」を付け加えることができます。

この「生まれました」の言い方も、自分の意思で生まれてきたような言い方になるので、
実際は奇妙な言い方なのですが、習慣的になって変だとは感じないのです。

ただ、霊的な世界では、人はその両親を選んで生まれてくるという考え方をします。

言葉の言い回しで、国民の考え方も見えてくるというのは面白いですよね。

1~9を使って答えが100【馬渕校/駿河区】

数字の1から9を使って丁度100になる計算式を小町算といいます。

この名前の由来は小野小町のように美しい数式、あるいは夢中になって解いているといつのまにかお爺さんかお婆さんになってしまうということから名づけられたとか、小町の有名な和歌である「花の色は移りにけりないたづらに、我が身世にふるながめせしまに」とを関連づけて名付けられたなど所説あります。

1から9までを順序良く並べた場合は、1+2+3+4+5+6+7+8×9=100があり

他にも12や345のように二桁や三桁にしてもいいとなっています。

四則のどれを用いても良いとなっていたり、足し算と引き算のみとか、いろいろな出題の仕方があるので、


解答例がたくさんありました。

そこで、1から9までを順序良く並べなくてもいいから、一桁ずつでとにかく100になる数式を作ることに挑戦してみました。

これが、簡単にできそうでなかなかできません。

小学生以上のお子様がいらっしゃれば一緒に考えてみるとおもしろいかもしれません。


いろいろ試してやっと正解を出すことができました。

みなさんはもう解けましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 



(4+6)x9+(8ー5)+(7ー3)+1+2=100です。

この方法でも解答例はたくさんありそうです。

皆さんも是非挑戦してみてください!

普通に褒めても届かない【馬渕校/駿河区】

前回のブログの続きです。

私は、あの手この手で褒め方、褒めるルートを考えました。

 

まず、中学生は小学生とは異なり「普通に褒めても届かない」生徒が多いということでした

 

例えば何かの問題を解いてもらうとして、色々説明したりアドバイスをしながら答えにたどり着いて「お、良く出来たね」とか、「分かってるじゃん、偉い」とか、そういう通り一遍の言葉を投げかけても全然反応がないし、モチベーションが上がらないのです。

 

この状況についてあれこれ調べた結果

「褒め言葉を受け入れる為の筋肉が育ってない」という結論になりました。

 

つまり、褒められて、その褒め言葉を受け入れてモチベーションを上げるにも、ある程度素地というか受け入れ態勢が必要であり、散々勉強のことで叱られて自己肯定感が弱くなっているため、そもそも勉強関連の褒め言葉が自分と紐づかないんだ、ということです。

 

「褒め言葉を受け入れる」ためには、

・何を褒められているのか、ということに対する理解

・褒められている内容に対する納得

・自己評価とのある程度の一致

が必要です。

 

つまり、褒め言葉が嘘くさいと褒められても嬉しくないし、自分が「全然ダメ」と思っている点について褒められても嬉しくない。当然、褒め言葉が具体的に理解出来なくても全然嬉しくない。

 

自分も中学生のころを思いだすとそうだったなとしみじみ感じます(笑)


 

 

 

 

問題の分解とステップ化【馬渕校/駿河区】


何かが分からない時というのは、そもそも本人も何が分からないのかよくわかっていないことが多く、それを発掘する際にはある種のコツがあります。

 

技術的には、「問題の分解とステップ化」するということで、問題を、「これ以上はもう無理」というところまで細かく細かく分割して、生徒と一緒に順番に解いていきます。その時、必ず途中で「解けなくなるポイント」が出てくるので、そこで改めて、そのポイントを解決する方法を考えます。

 

例えば「割り算ではなく、何個入るかな算として教える」というのが一番のポイントでした。

この時、基本的な方から順番に指導するというやり方です。

 

図形の文章題が分からない子がいたとします。本来であれば、「補助線引いて、どことどこが同値になるのかを公式から推測して、それに基づいて図形を分解して、面積を算出する」といった解き方になるところですが、話していると「あ、この子、かなり基本的なところからわかってないかも」ということは見当がつきます。

 

そういう時は、迷わず「面積の比較」や「四角形の面積の求め方」あたりから始めます。すると、分かる子は「うん、それは分かる」となりますし、分からない子は「なんだっけ?」という反応が帰ってきます。


子どもの意識として、「ここわかんない、ここわかんない、ここわかんない、ここわかんない、あ、分かる」となるよりも、「ここは分かる、ここは分かる、ここは分かる、ここは分かる、あ、ここわかんない」となった方が、問題を解こうという気が持続することが多かったのです。

 

また、失敗談として「自分が分からない、という意識を連続で突きつけられる」ことになると、恥ずかしいのか不愉快なのか、説明についてきてくれないことがありました。

知っているものと知らないものの認識の差というものは勉強に限らず、無意識下でに相手にとってプレッシャーを与えてしまうので、どの部分で理解していないのか分解して考えてあげる習慣をつけることは教育的によいと思います。

日本製≠国産【馬渕校/駿河区】

前回の日本製品を好む外国人観光客についての続きです。

たとえばユニクロで売られている商品。実は10年以上も前から日本製なんかじゃありません。今となっては皆さんもご承知置きだと思いますが、ずっと前から中国や東南アジアなど、海外で作られています。

 

ところが、その製造国のお店でユニクロと同じ品質のシャツやデニムが売られてるかというと、そんなことはありません。あれだけ縫製がしっかりし、生地にムラもホツレもなく、しっかりした商品は、当時の中国には(もしかしたら今でも)存在しない。 ユニクロのお店で売られてる商品は「中国製」なのに、です。これは何を意味しているか? 

 

大事なのは「製造国がどこなのか」ではない。ってことです。  

 

大事なのは、「ユニクロが技術指導と生産管理をしている工場で作られ、ユニクロの品質基準を満たして店頭に並んだ商品かどうか」であって、「縫製工場の立地がどの国であったか?」ではありません。 他の商品も同じです。   どこで製造された商品であれ、日本の市場で売られている商品は、他国で売られている商品に比べて、圧倒的に不良品が少ないし、品質のバラツキも小さい。 たとえば、ベトナムの同じ工場で作られたカバンがアメリカと日本で売られているとしたら、日本で売られているモノの方が、縫製もしっかりしてるし色ムラも少ないし輸送時のシワも少ない、みたいなことが起こってるんです。  

 

それはなぜなのでしょう?   それは、日本のバイヤーの仕入れ基準が、それだけ厳しいからです。そしてそれは、 日本の小売店の商品を見る目がそれだけ厳しいからであり、 日本の消費者の要求水準がそれだけ高いからということであり、それが正解的市場で評価されているということなんですね。

読解力の重要性と問題【馬渕校/駿河区】

個人的に読書はなかなか質の高いエンタテインメントだと思っているのですが…

 

もちろんそこに関しては人それぞれで、現実に本を読まない人は少なくありません。

 

「読めるけど読まない」のはともかくとして、「本などの長文が読めない」ことはもしかしたら、これから、想像以上に不利に働くかもしれない。

 

昔、「国語ができる子の成績を伸ばすのは簡単だが、国語ができない子の成績を伸ばすのはかなりの長期戦を覚悟しなければならない」

 

という話を聴いたことがあります。

 

 

以前ご紹介させていただいた「現状では人工知能は文章を理解していない。だが、驚くべきことに「読めていない」はずの人工知能よりも国語の成績が悪い子がいる」という記事

AI研究者が問う ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか?

これまでのところ、テストを受験した公立中学校生340人のうち、約5割が、教科書の内容を読み取れておらず、約2割は、基礎的な読解もできていないことが明らかになってしまった。

 

そして、偏差値の高い学校の生徒ほど、リーディングスキルテストの成績もよい。

「読める」子が偏差値の高い学校に入っている可能性がある。

 

どうやって「読める」ようになるのか、その原因はまだわからない。

とはいえ実際、「読めない」ということは、現代において極めて不利な条件である。

例えばビジネスパーソンの中にはメールが苦手で「電話」に強いこだわりのある方がいるが、電話は相手の時間を強制的に奪うものであり、情報の受け手として、これを嫌う人も多い。

 

お互いに「電話が良い」であればよいが、今は「メールの方が良い」という方も増えており、「メールの読み書きが苦手」では済まない。

 

また、現在の高度な仕事はほぼ全てが「知識」をベースにしているため、知識労働者でなければ、待遇面で満足の行く職を得るのも難しい。

 

そして「知識労働者」は基本的に「読める人」でないといけません。

人間の体系的な知識の殆どは、「文字」と言うかたちで記録され、そこから知識を読み出すには「読める人である」ことが必須条件となるからです。

 

読書ができない、ということは、本にある知識を吸収できないというだけではなく、文字情報を通じて正確な情報をやり取りできない、ということになります。

 

また、web上の情報については信頼性に難があるため、出典元を当たることが重要なのですが、「本を読めない人」は、テレビやネットに溢れる、わかりやすく噛み砕かれた情報にばかり触れ、出典元の複雑な言葉で書かれた情報を当たることを嫌う傾向というより避けようない状況です。

そのため、ニュースサイトに書き込まれたコメントを見ても、「このコメントを付けた人は記事の文章をきちんと読めていない」とはっきりわかってしまうコメントも数多くあり、この問題が深刻であることを物語っています。

 

「日本語をきちんと読めていない」という事実は普段極めて認識しにくく

特に、普段本を読まない方は意識して読解能力を高めていかなければ、後々とても困ることになるかもしれませんね。

失敗談から学ぶ書籍【馬渕校/駿河区】

巷の書店ってよく成功談の本がずらりと並んでいますよね。


「1億円を稼ぐ成功法」「起業で成功する方法」といった自己啓発本が、棚の大部分を占めているのを思い浮かべられると思います。


しかし本当に学ぶべき事は失敗談です。

「こうしたら成功した」は再現性が非常に低いのですが、「こうしたら失敗した」は大体において何らの共通のルールがあり、失敗にこそ成功のヒントが隠されています。

 

数は少ないながらも失敗談はいくつか刊行されていまして。今回は良質な失敗談を読みどころと共に紹介します。

 

1.国家の罠

内容としまして、筆者の佐藤優さんは外務省ロシア科・主任分析官という外務省の中でもとびきりの出世コースを歩んでおり、そのままいけば何らかの偉業を成し遂げ国のヒーローとなった可能性すらあったのですが、国家による策略が働いた事により検察に逮捕され、英雄から一気に犯罪者となった顛末が書かれています。

 

昨日まで英雄だった人が、ある日から突然犯罪者にされてしまうのだから人生は本当にわからない。

 

本書で極めて象徴的なのが国策捜査という単語だ。本書によると、国は逮捕基準をいかようにでもいじくり、罪状なんて簡単に作りあげる事ができるのだという。

 

例えばあなただって、信号無視を一度や二度くらいはした事があるだろう。このように私達は普通に生きているだけで、ある程度は法律を破っている。

 

普通は信号無視なんてしても捕まらないけど、あなたがある日から国から目をつけられたら、その法律違反を理由に逮捕されてしまう可能性がある。

 

いままで低い位置にあった逮捕基準を、ぐんと上にあげてしまえば国は誰でも犯罪者として逮捕する事ができる。あなたがどんなに清廉潔白で優秀な人間であれ、国という暴力機関が本気になれば監獄にぶち込めるのだ。

 

こんな恐ろしい事を国ができるだなんて僕はこの本を読むまで全く知らなかった。

けどそういう視点でものを眺めてみると、私達は様々な国家でそれに近いことが横行していたのをみつける事ができる。いやはや、平和な時代に生まれて本当によかった。

 

 

人はどんなに自由に生きているつもりでも、歴史という流れには逆らうことはできません。「国家の罠」は国という暴力機関に、個人が翻弄されるという貴重な体験を追従できる本です。文章も読みやすいので是非一読されることをお勧めします。

 

恩師のすごい指導法【馬渕校/駿河区】

小学生時代の恩師で、今は教育機関のトップにいらっしゃる方の授業を思い出してよくよく考えるとすばらしい指導方法だと感心したことがありました。

 

簡潔に言うと、

 

「質問に答えられなかった生徒に対して、周囲の生徒にアドバイスさせる」

 

という指導法です。

 

内容としましては

先生が、授業中に質問をし、普通に「この問題が分かるひとー」とだけやっちゃうと、手を上げる子が固定してしまうからなのか、ちょくちょく変則的な当て方をします。

 

そうすると、当然のことながら、とっさに質問に答えられない子も出てきます。あーとかえーと、とか言いながらしばらく黙っちゃうような子。

 

普通の先生なら多分、分からないことを責めないまでも、「あ、分かんないか?じゃあ他にわかるひとー」と言って、すぐに次に行っちゃうと思うんですよ。少なくとも、他の先生はみんな、例外なくそう言う対応でした。

 

ところが、その担任の先生の場合、当てられた子が困っているのを見ると、こういうんです。

 

「じゃ、〇〇にアドバイス出来るひといるかー?」って。

 

それに答えた子は、決してその子本人が答えたりはせず、わざわざ席を立って、分からなかった子のところまで行って、ひそひそ声で答えを教えてあげるんです。

で、最終的には、最初当てられた子が答える。で、先生は「その通り!××(教えてあげた子)もよく教えられたなー」といって両方褒める。

 

この方法ってすごいですよね?

まず、

 

・最終的に答えるのは最初に当てられた子なので、答えられなかった子の自尊心が傷つけられにくい

 

・教えた方は単純に「教えてあげられた!」ということで自尊心が満足する

 

・分からないことを生徒同士で教え合う、という習慣づけになる

 

・問題によっては、教え方を考えることで問題への理解が深まる

 

・生徒同士のコミュニケーションにもなる

 

これくらいの効果はあると。

 

子どもの自尊心や自己肯定感に対する細やかな心遣いというのは、多いに感心しますし、見習って取り入れられるところは取り入れたいと考えた次第でした。

 

 

 

確かめ算のすヽめ【馬渕校/駿河区】

 このブログを読まれている方には聞くまでもないのですが、確かめ算ってありますよね。

 

15 + 23 = 38で、計算が合っているかどうか確認する為に38 – 23をやって15になるか確認するあれです。

 

中間テストも終了し、各生徒が持って帰って来たテストを見てみると、基本的な考え方は合っているのに計算を間違えていてよく分からないことになっている、みたいな問題がだいぶ多いです。

 

当たり前なのですが、人間はミスをするものです。

大人でもミスはしますが、子どものミスり具合は大人のそれを圧倒して多いです。

なので、「テストの点数をどう上げるか」という話をする時、まず「ミスをどうやって少なくするか」から考え始めます。分かってるところを確実にとる、の精神です。

 

教える時は、教える順番をステップして、つまづいたらそのステップを丁寧に掘り下げる、という感じでやります。以下、教える手順です。

 

「計算の式で「〇 + × = △」って書くよね?これ、イコールの左と右は同じ数字になるよ、って意味だよね」

 

「イコールの左と右に、それぞれ同じ数字を足しても、やっぱりイコールの左と右は同じだよね」

 

「じゃあ、 15 + 23 = 38」っていう式の左と右、両方から15を引くとどうなるかな」

 

「さて、こんな式がありました。 32 + 60 = 94」これで今と同じことをやってみよう」

 

「「32 + 60 – 60 = 94 – 6032 = 34」あれ、変なことになっちゃったね。こういう風に変なことになっちゃったら、この計算が間違いということになるのでやり直しましょう」 

 

 基本の手順は以上ですが、大事な部分はむしろここからです(笑)

フォローとして以下のようなことを話します。 

 

・複雑な計算が必要な問題でも、後ろから一個一個順番にこの計算をしていけば、間違っているかどうかが分かります。それが出来るように、計算式はちゃんと途中経過も書かないといけない。途中経過を書くのはその為であること

 

・中学になると色んなところでこのテクニック使うので、今の内に確かめ算で練習しておくとよいこと

 

 ここで「両辺に同じ式を追加する→結果的に式がひっくり返ったように見える」ということをちゃんと理解しておくと、中学に入って方程式勉強する時にとても楽になります。

 

ということを早いうちに教えてあげるといいですね。 

教室から、生徒が8人出て行きました。そのあと、12人の生徒が教室に入りました。教室には何人の生徒が残っているでしょう?

小学校で、表題のような問題を生徒に出題し、どのような反応があるかを観察する試みがあったそうです。

 

あなたは下の問題を解くことができますか?

 

 

 

問:教室から、生徒が8人出て行きました。そのあと、12人の生徒が教室に入りました。教室には何人の生徒が残っているでしょう?

 

 

 

この問題を出された生徒、あるいはそれを見て、

 

「解けない問題を出して生徒を混乱させないでくれ」

 

と言った人もいたそうです。

 

 

極めて普通の反応であり、それ自体は何ら問題もないのですが、これは考え方によっては大変面白い問題です。

 

 

まず最初に分かることは、

「算数の問題としては解けない」ということ。

 

もちろん「学校」におけるテストですので、生徒は当然、暗黙の「学校のテストにおけるルール」を意識して、すなわち、数学的に、あるいは算数として解こうとします。

 

しかし、「もともとの生徒の人数」が分かっていないと、算数の問題としては不十分で解けません。

 

そこで、頭の柔らかい生徒は違う側面から問題を解こうとするのです。

 

例えば、

 

・教室に8人とか、12人とかが出入りするような時間だから、早朝や放課後ではないはず

 

・一気に多人数が移動しているので、休み時間、しかもトイレ休憩のような時間帯

 

・12人というのは、休み時間が終わって戻ってきた人たちだろう。回答は一クラスの人数である30名程度だろう。

 

 

上のような解答も、ひとつの回答ですね。このように、自分で条件づけをしたり、あるいは過程を加えることにより「問題を解く」ことができるようになるのです。

 

「問題解決」よりも「問題創造」が重要視されるべき

 

AIに取って代わる時代が近づくなかでこのような能力は重要になっていくものだと思いました。

セルロース読解問題を考えてみる【馬渕校/駿河区】

セルロース読解問題を考えてみる

 

先日の、「文字は分かるが文章を理解できない人が増えているのではないか?」というツイッターの発言に関する誤認識を例に挙げて話をしていましたが、これに関連して関読解力調査のセルロースの問題がなかなか難しいということで、こちらのご紹介です。

 

アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。

 

問題:セルロースは( )と形が違う。

  1. デンプン
  2. アミラーゼ
  3. グルコース
  4. 酵素

 

なんとなく長く感じる一文ですね。ここに、いろんな情報がグッと詰め込まれているため、理解するのも難しくなっています。

 

まず、前半部分のメインは「アミラーゼはデンプンを分解する」です。他に、「アミラーゼは酵素であること」「デンプンはグルコースがつながってできていること」といった情報が含まれています。

 

次に唐突に出てくる「同じグルコースからできていても」これは、後で出てくる「セルロース」の説明なのですが、この時点ではわかりません。

 

後半部分のメインは「アミラーゼはセルロースを分解できない」です。他に「セルロースがグルコースからできていること」「デンプンもセルロースも、何からできているかは同じであること」「デンプンとセルロースは、形が違うこと」という情報を含んでいます。

 

ということで、正解はAのデンプンでした。

 

一文にすることで、短く伝えることができます。しかし、情報を読み取ることが難しくなることも多いです。文章を分解することも難しくなり、情報量も多くなるため、スッと頭に入ってきにくくなってしまいます。これをスルスルと読んでいくには、

 

パソコンに例えると分解処理を早く行うためのCPU(脳みそ)と一時的な情報を格納するメモリ(机)が頭の中に入っていないといけません。

 

「読解力があまりない人は単語がシンプルにつながった平易な文なら分解できますが、同じ単語からできていても、構造が複雑な文は分解できない」。この文の構造はセルロース問題と似ていますが、比較しているものがこれくらい似ていれば、「複雑な文は平易な文と構造が違う」と理解できると思います。

ヒーローズではこの読解力に加え【速読】【語彙力】のスキルを身につけることができる

 

読む蔵

 

の学習をお勧めしています。

 

主な内容として、入試問題で実際に使用された文章を中心に「深く読み取る力」の育成を図り、「多読」へと自然に向かっていく学習システムです。やみくもに読書速度を上げる手法ではなく、ひとりひとり異なる読書速度の1.5倍速のペースで読解力を上げていくトレーニングです。

 

 

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

読解力力不足の人が増えている?【馬渕校/駿河区】

「文字は分かるが文章を理解できない人が増えているのではないか?」

というテーマがネットで話題になっています。

 

推測になりますが、昔から読解力に欠ける人が一定数存在していたものが、ネット社会の到来で一気に可視化されたことがこの記事の背景にはあると思われます。

 

読解力の問題は単純に学力向上だけで解決できるとは限りません。いわゆる偏差値が高い大学の出身者の中にも、文章を理解する力が不足している人が多数、存在している可能性があります。

 

先日、「今週は暑かったのでうちの会社はサンダル出勤もOKだった」というツイッターのつぶやきに対して

 

「何故今週だけはOKなんだ?」

「サンダル無い人は来るなって?」

「暑いならともかく基本はNGだろ」

 

といった反応が一定数返ってくるという内容について、こうした反応を返してくる人は、「サンダル出勤がOK」というキーワードだけが目に入っていた可能性が高く、前後の文脈は考慮していなかったと考えられます。

 

よくよくニュースサイトのコメント欄を見ても、明らかに文章を読んでいない人のコメントや、1つのキーワードだけに反応し、文脈をまったく無視したコメントが無数にアップされている。文章を読んでいない、あるいは読めていない人が一定数存在しているのは間違いないようです。

 

現実に外出先で見かける広告などは、端的でインパクトがあり、わかりやすい文章で溢れていますが、国語のテストでは【文章の一分から作者の気持ちを読み取る】といった問題は常に問われています。

 

個人的に小説などを読んで普段から一定の読解力を必要とする環境に身を置いている人はともかく、こういった読解力のスキルは、ある程度目的意識をもって学習しなければ定着していくことは難しいでしょう。

 

ヒーローズではこの読解力に加え【速読】【語彙力】のスキルを身につけることができる

 

読む蔵

 

の学習をお勧めしています。

 

主な内容として、入試問題で実際に使用された文章を中心に「深く読み取る力」の育成を図り、「多読」へと自然に向かっていく学習システムです。やみくもに読書速度を上げる手法ではなく、ひとりひとり異なる読書速度の1.5倍速のペースで読解力を上げていくトレーニングです。

 

国語の文章問題だけに限らず、数学の文章問題や新たに学習する単元における説明文書の理解力は後々大きな差となって成績に関わることは間違いないでしょう。

 

お子様の読解力に少しでも不安がある方は是非読む蔵を試されてみてはいかがでしょうか?

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

受験をテーマにした漫画の紹介【馬渕校/駿河区】

先日投稿させていただきました、中学校受験に関するおすすめの本のご紹介です。

 

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 1 (ビッグコミックス)

 

「2月の勝者」は、中学受験を行う親子の葛藤を、非常にリアルな中学受験の現実が描かれています。
中学受験を迷っている親御さんには、ぜひ読んでもらいたい本です。

 

例えば

・第一志望には、大半の子供が受からない

 

・子供が「天才」ではなく「平凡」である

 

そういったことを子供に受け入れさせたうえで、前に進まなければならないのが中学受験です。

これらの現実を子供に突きつけるのが「厳しい」「かわいそう」という気持ちを持つ人が多いのも、親の心情としてよくわかります。

 

しかしながら、人生は常に思い通りになることはなく。特別な人間ではないということを、どこかで受け入れなければ大人になれないというのもまた事実です。

 

「大学生」や「社会人」となってから経験するよりも、「失敗は早いうちにしたほうがよい」という言葉通り、若いうちに転んでおいたほうが、ダメージは少なくて済みます。

 

子供をかわいがるあまりに過剰に保護するよりも、敢えて若いうちから、適切に挫折や失敗を経験させることで、子供はより強く成長してくれると思います。

漫画という比較的ハードルは低い書物ですので、是非一度読まれてみてはいかがでしょうか。

全国統一小学生テストと中学受験【馬渕校/駿河区】

今やお子様を持つ保護者様であれば知らない人はいないでしょう、

 

全国統一小学生テストの開催が6/3に迫ってきました!

 

全ての参加者というわけではありませんが、今回中学受験も視野に入れて参加される方もいらっしゃいます。

 

この件について先日話をする機会があり、そのなかで中学受験させることについて

「苦労させるのはかわいそう」「勉強漬けにさせるのはどうかと思う」

 

という、世の中には「子供に早期教育を施すのは望ましくない」と考える人が一定数いるということを知りました。

 

本質的に中学受験は、学力テストによる子供の選抜です。

そして、「東京大学」の合格者に占める中高一貫校の人数を見れば、中学受験が学力による選抜には成功していることが客観的に見受けられます。
https://www.study1.jp/kansai/special/rank_univ/rank_todai.html

 

また、データ上も「中学のときに成績の良かった子供」は、良い職業につけることが示されています。

 

例えば、教育学者の苅谷剛彦の行った統計分析は、1956年生まれ(現在61歳)~1975年生まれ(現在42歳)の人々は、「学歴」よりも「中学時代の成績」が職業威信の高低を規定する最も強い要因となっており、しかも出身階層は統計的に優位な影響を持たないことを明らかにしています。

階層化日本と教育危機―不平等再生産から意欲格差社会(インセンティブ・ディバイド)へ

「目標や素養」を持つ子に適切な「訓練」を施し、その後の競争を勝ち抜けるようにしてあげることは、むしろよい心がけだと思います。

 

塾業界に務めるものとして、非常に興味深くもあり、責任も感じる1日でした。

 

全国統一小学生テストは今週いっぱいまでエントリーできますので、是非ご興味がある方は

下記のリンクよりお問い合わせください

 

四谷大塚 全国統一小学生テスト

数字を意識すると行動が変わる

タイトルの行動って、なかなか思ってはいても実際に行動するのって難しいんですよね。。。

 

「ダイエットしよう!」

「次のテスト頑張ろう!」

「中体連頑張ろう!」

 

こういった感情って凄い大事ですけど、しっかりと数字に落とし込まないと、ただ「思った」だけで終わっちゃうんですよね、人間って( ̄▽ ̄)

 

これを…

「2ヶ月で5kg体重を落とす!」

「次のテストで200点を取る!」

「中体連で県大会ベスト8!」

という様に、数字で具体性を求めていくと、それに伴って日々の行動に変化が生まれます。

 

6月のテストまであと何日ですか?

6月のテストでは国数英理社、それぞれ何点を目標としていますか?

具体的な数値目標を掲げて、1日1日を大切にしていきましょう♪

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

Mother’s Day

日曜日は母の日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か自分のお母さんに日頃の感謝を表現しましたか?

 

私はネットで注文して花を贈りました。

母とは同居してないので、現在の母の住所に母の日到着指定で届けられる。

便利な世の中になりました 😛 

 

当日は、子供を連れて母の所に遊びにも行ったのですが、待てども待てども私が注文した花が母の家に届かない汗

結局滞在している間に届かず、サプライズとはなりませんでした。

 

自分の家に帰ると「不在連絡票」が…

そうです!私は母の日を到着指定日にした花を自分の家に送っていたのです‼

あまりの凡ミスに自分自身の情けなさを感じました。。。

翌日月曜日、再度郵便局に配送の手続きをしました 😥 

 

父の日は同じミスをしないようにしようと思います♬

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

静岡市の英語教育【馬渕】

静岡市は2018年度5月中旬よりGETを市内小学校に配置します。

 

GET??

手に入れるゲット・・・ではないですよ!

 

local nglish eacher の頭文字でGETです。

 

最初のGlocalは、global(意:世界的)とlocal(意:地域的)を掛け合わせた造語です。

GETとは学校の先生ではない英語力の高い地域の人材を指します。

 

国際社会で通用する能力やグローバルな視点を持ち、地域社会で活躍する「グローカル人材」の育成を目的としています。

GETは、地域内で英語力の高い人材を小学校に招き、学校の先生とともに授業を行い、英語表現の指導を行います。

その他にも本年度から小学5、6年生は英語が既に教科になっていますし、「イングリッシュ・デイ」というあいさつや簡単な会話で英語を使う日を毎月用意したり、中学3年生の希望者に英検3級以上の検定料の一部を補助する制度もはじまります。

 

英語教育に非常に注力する様になった我が静岡市。

「英語は中学校から…」は既に死語ですね。

 

 

困ってから動き出すのではなく、困らない様に先行して動かないとこの波に呑み込まれてしまいます!

お子様が呑み込まれる前に、困る前に、英語に対する取り組み方を考えていきましょう♪

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

55年ぶり!

最近CMで“専門職大学”というワードを耳にするようになりました。

 

この学校は

専門職業人を養成する新たな高等教育機関

として、大学体系の新たな類型として位置づけられる学校です。

 

 

この教育改革は55年ぶり大改革で、平成31年度から新設される見込みとなっています。

つまり、現在の高校3年生から進路として新たな選択肢ができるということになります。

 

大学体系の中に位置付けられるので、大学・短大に加え、この専門職大学も大学の仲間です。

その為、修業年限4年間の専門職大学修業年限2~3年の専門職短期大学にさらに分類されます。

 

専門職業人を養成する事にフォーカスしているので、卒業単位の3~4割を企業で実習すると言われております。

企業としては、より即戦力になり得る人材の確保が出来るので、就職率も高くなるとも言われております。

 

現在は、まだ認可申請中で国からの認可が下りておりませんが、

専門職大学 13校

専門職短期大学 3校

全国で16校が平成31年4月より開校する可能性があります。

 

自分の進みたい就職先に対して、どの進路を進むべきか。。。

就職率の低い既存の学校と未知の可能性を秘めている新設の学校を比較して、慎重に検討する必要があります!

 

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

 

初回のテスト

3月に高校受験が終了しました。

 

私の教え子Fさんは、第一志望校の合格通知をもらった後の春休みも勉強・課題に挑戦し、今月上旬に入学式を迎えました!

 

進度の早い高校の学習スピードに食らいついていくために、学校で分からない問題があったら教室に自習で来て、自分の疑問を解消しています。

 

そんなFさんの入学後のテスト結果が返ってきました!

 

 

 

 

 

 

★祝★クラス1位!!

 

学年でも20位以内という素晴らしいテスト結果!

 

高校生活の素晴らしいスタートとなりました(^^♪

 

 

高校1年生諸君!

キミたちのゴールは高校合格ではない!

受験というゲートを潜り抜けた後も、新たな競争が始まっているよ!

5月には中間テストを控える生徒も多い。

 

GW中の過ごし方に注意しようね♪

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

コノメドキ

先週の木曜日に登呂周辺で刃物を持った年配の不審者が出没しました。

その不審者も確保されていない中、駒形小付近で金属棒を持った別の不審者も出没した様です。

小学校では集団下校指導をしたり、対策をしているようですね。

 

 

3月から4月にかけての季節『木の芽時(コノメドキ)』と言います。

木の芽や虫たちが冬を終え動き出す季節。

 

実はこの時期、昔から精神的に一番バランスを崩しやすい」と言われています。

理由の1つは、春の安定しない気温の差です。

ずっと低かった気温が急に暖かくなったり、また寒くなったりという気温差が体のストレスになってしまいます。

それが自律神経のバランスを崩し、精神的に不安定になってしまうのです。

また、天候だけでなく、新年度がはじまり環境の変化が気持ちに負担をかけているというのも一因かと思います。

春は、そのストレスの開放を求めて変質者が増えてしまっていると言われています。

 

心や体がバランスを崩しているという事は、当然病にもかかりやすい時期とも言えます。

間もなくGWを迎えます。

バランスを崩しやすい『木の芽時(コノメドキ)』だからこそ、いつも以上に心と体のケアに意識をしたいですね!

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

 

2時間以上の勉強の効果が消える⁉

脳トレで有名な脳科学者川島隆太教授をご存知ですか?

教授は「スマホが学力を破壊する」といった著書もあります。

 

教授は「長時間のスマホ使用で2時間以上の勉強の効果が消える」という事を発表しました。

 

実験をした所、

【スマホをほとんど使わない、全く勉強をしない子】

よりも

【スマホを1日4時間以上使用して、自宅で2時間勉強している子】

の方が成績が悪いという結果が出たのです。

 

その他にも実験の結果から、

・1時間以上スマホを使い続けた子はどんどん成績が下がった。

・もともと成績が良かった子もスマホを使い始めると成績が下がった。

・スマホを元々1時間以上使用していて成績が下がった子が

 スマホ使用をやめると成績が向上した。

 

という事が分かったのです。

 

スマホの使用を1時間未満にすると成績への影響が少ない事も分かりました。

とても怖い実験結果ですね⁉

 

 

ただ、より怖い事も実験から分かっています。

スマホの使用が1時間未満であっても成績を下げるものがあるのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「LINE」です。

LINEは使用時間が1時間未満であっても成績が下がるという結果が出ました。

 

 

大学生の背後に自分のスマホを置いて継続的な作業を行ってもらった所

LINEの通知音が鳴るたびに情報処理速度や動作速度が遅くなり、

注意力が低下したのです。

その実験中、アラームが鳴った時には影響がありませんでした。

 

高校受験が終了した3月。

私の多数の教え子もスマホを手に入れていました。

 

何歳からスマホを持たせるのが適正なのか?

親御さんからすると難しい問題ですね。。。

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

部活動

学校では部活動の仮入部が始まりましたね!

 

中学校に入学した中学1年生達は、何を目的として、どんな部活に入るのでしょう?

 

今年の1月、スポーツ庁では

 ●週2日以上の休養日

 ●活動時間は平日2時間、休日3時間程度

とする指針の骨子を発表しております。

 

また、この骨子の中には

 ●科学的トレーニングを導入し短時間で効果が得られる活動をする

という文言もあります。

 

これらについては各所で賛否が起きております。

そもそも顧問の先生が不足しているという学校も多数見受けられます。

科学的トレーニングって、どの学校でも導入できるものなのかという問題もあります。

 

かく言う私もガッツリと部活動していた部類です!

中学校のテニス部ではテニスの知識のある顧問でしたが、高校のテニス部では全くテニスの知識のない先生が顧問をしておりました。

 

前述の指針の様に、より濃度が高い練習を短時間で行うのは非常にイイ事ですね!勉強の時間も取れますし♪

しかし、私の顧問の様に知識のない先生が部活動を指導するという事になった場合、間違いなくそれを実現する事は難しく……

 

指針通りでいくと1日練習なんて存在しなくなりますね。。。

しんどいけど、部活のみんなで弁当食べて、午後も頑張ろう!!とかすごい楽しかった思い出です 😀 

これからの部活動はどうなっていくんでしょうね。

 

中体連まで早い部活であれば、あと2ヶ月くらいしかありません!

中学3年生は悔いの無い様に、1日1日練習をして下さ~い(^^)/

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

 

 

学力の3要素

今日は東京出張でした。

 

打ち合わせの時間まで時間があったので、高田馬場の喫茶店へ…

パソコンで仕事をしていると高校生と思わしき学ランの男性2名が入店。

 

若い男性店員は

「いらっしゃいませ。おタバコお吸いになられますか?」

 

うん、この店、分煙しているからね。

……

……って、そんな問題じゃないでしょ⁉

 

マニュアルでテンプレートがあるかもしれないけど、吸わないでしょ⁉

吸っていたらマズイでしょ⁉

 

マニュアル人間で「思考力」「判断力」が欠けているなぁと痛感(汗)

 

センター試験の廃止は学力の3要素を重視するからこそ。

~学力の3要素~

①知識・技能

②思考力・判断力・表現力

③人間性

 

AI技術なら、どうしていただろう?

ビッグデータから年齢性別を分別。

その年齢性別にあった挨拶を取捨選択。前述の誤りは起こらない。

 

AIが人間の職業を奪っていく。

学者が将来なくなる職業を発表し、AIが人間を超えていく、シンギュラリティを迎える。

 

そんな未来でも生き抜く力を付けなければいけないし、そんな力を持った子供を育てていきたいと痛感しました!

駅で「AI vs 教科書が読めない子供たち」という書籍を購入。

子供たちへの指導に活かしていきたい!

 

よ~し、明日の授業、頑張ろう♪

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

一歩一歩確実に!!

塾の先生といっても、我が子に対する対応と教室の生徒の対応は全く別物。

教室では理性が働くものの、我が家では「なんで〇〇なの⁉」「ちがう、そうじゃない!」と否定をしてしまう兆候が(汗)

 

同じような悩みを抱えている保護者様、こんな表はいかがですか?

うちの子対応表

出典:楽々かあさん公式HP  http://www.rakurakumom.com より

 

 

どんな子も手がかかりますし、いろいろ仕出かします(汗)

でもそれが、普通ですよね。

その「普通」を過剰な期待で子供にプレッシャーをかけてしまうのは負のスパイラルでしかありません。

出来ない事を責めるのではなく、出来ていることをしっかりと誉めて評価してあげる。

 

上記の対応表を活用する!

シチュエーション別に子供への声掛けのワードをプラスに転じる必要があります。

スモールステップでできたことをしっかりと言葉にして誉めてあげることが必要です。

 

例えば…

 『子供が今○○が出来ていない』という事に気になっているのであれば、

 今『▲▲が出来ている』という点に目を向け、それをしっかりと誉めてあげる。

 そうした上で、気になっていた短所を長所に切り替える方法を考える。

 

マイナスのストロークをプラスに転換する。

日頃から意識しないとできない事です。

 

でも、意識することで、子供が持つ潜在能力を引き延ばす可能性があるのであれば、大人が頑張る必要がありますね!

 

 

■――――――――――――――+

 個別指導学院Hero’s 馬渕校

+――――――――――――+

| 教室直通:054-266-7662

+――――――――――――――――――+

 

次は夏!

春のセンバツ高校野球!

 

強豪駒大苫小牧に勝利した静岡高校の2戦目が先日3/29に開催されました。

 

優勝候補東海大相模との対戦は…

 

1-8

 

完敗でした(涙)

 

追いかける展開の中、私の教え子の出場もありませんでした。。。

 

まだ2年生!

 

今年の夏も来年もチャンスがあるので、甲子園で彼が活躍する姿を見たいです!!

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

新たな出会い💛

という季節は、塾を変えよう塾を探しているという方も多く、出会った事のない生徒との出会いが沢山ある楽しい季節です!

 

当校は、お話を聞いてその場で入塾を決める方もいますが、2日間の無料体験授業をしてから入会を判断される方もいます。

 

先日も体験授業を終わって、お母様とお話をさせて頂きました。

 

「初日の体験が終わって帰ってきた娘が先生の授業に『感動した!』と話してくれました。『学校の先生もこうやって説明してくれたらみんな分かるのに!』とまで言ってました。ぜひお世話になりたいです。宜しくお願いします。」

 

お母様からこのような言葉を頂きました!

今まで「分かりやすい」という言葉を頂けることはあっても、「感動した」と言われたのは初めてです(^^;

ボクの授業に最大限の評価を頂けたことも嬉しいですし、その生徒が同じクラスメイトの事まで考えている思いやりにも嬉しくなりました★

 

御入塾頂き、明日から早速授業開始です!

 

ヨシっ!明日も全力で生徒とぶつかっていこう♪

ぶつかり相手、まだまだ探しています!!

 

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

静岡高校 初戦突破!

前回のブログに続き、センバツについて…

 

3/24(土)に初戦が開催されました!

試合結果

 

お見事!駒大苫小牧に対して★被安打4の完封勝利★

打っては13安打7得点と打線が爆発しましたね!

 

次の相手は、

明日開催される福島代表聖光学院と神奈川代表東海大相模の勝者と激突!

 

私の教え子の出場はありませんでした(汗)

 

次戦もガンバレ!静岡高校!!

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

 

 

🌸卒業🌸

小学校は月曜日中学校は火曜日『卒業式』がありました。

 

「式」というものはいろいろありますが、『結婚式』と同じように『卒業式』も“感謝”や“感動”のようなプラスな感情に満ちあふれていて、素晴らしいものですね!

 

自分の歴史をまた1ページ刻むとともに、ページをめくり、新たなステージに旅立ちます。

 

ヒーローズで勉強した子もそうでない子も、新生活に全力で挑んでください!

 

 

おめでとう♪

 

~ヒーローズ馬渕校~

センバツ!

春といえばセンバツ高校野球!

今年は第90回という節目の年!

 

静岡という土地柄から、自身の関心は野球<サッカーなのですが、

第90回大会静岡高校出場します。

 

そして静岡市内でたくさんの生徒に学習指導してきた中の1人、私の教え子が2年生ながらも背番号をもらえました!!

 

出場の機会があるかは分かりませんが、初戦が駒大苫小牧というビックネーム(汗)

 

★大会2日目の3月24日(土)第2試合★

教え子の出場も期待しながら、初戦突破を祈ってます‼

 

~ヒーローズ馬渕校~

悲喜交交

来週卒業式を迎える中学3年生♬

先日、各学校にてお別れ遠足に行ってきたみたいで、笑顔で話をしてくれます!

 

山梨『アドベンチャゲーム+BBQ』

 

裾野『イエティでスキー』

 

いいですね、クラスメイトと最後の思い出作り!!

 

 

そんな中・・・

 

竜爪山『登山』

 

 

・・・・・・えっ!?

 

前述2校との格差が・・・バスにも乗ってない(汗)

でも「楽」とは違う「苦」の思い出がクラスメイトと共有できたかもね!

 

お疲れさまでした 😛 

 

~ヒーローズ馬渕校~

 

 

来放題!

小学生のお子様がいらっしゃるご家庭必見の情報です!

 

4月からの新年度より小学生を対象とした新コースがスタートします♪

 

その名も『平日来放題コース

 

小学1年生から小学6年生まで、小学生を対象として平日塾に来放題というオドロキのコースをご用意致します!

お仕事でお迎えがお忙しい保護者様!学習習慣をつけたいとお悩みの保護者様!

 

平日来放題コース!←クリック

 

ぜひぜひこちらのコースを有効に活用ください!

 

お問い合わせはヒーローズ馬渕校まで!!

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

 

灘中 入試問題解答

そもそも「日の出を見る」とは、問題の図の「太陽光」に接するということを意味します。

図ではA地点とC地点で同時に日の出を迎えています。

B地点はこの時点では夜側なので、まだ日の出を迎えていませんが、地球の自転により、間もなく日の出を迎えることでしょう。

この問題で訊かれているのは、C地点ではB地点より何秒早く日の出を見られるか。図の時点ではちょうどC地点で日の出を見ているので、この問題は、「B地点でも日の出を見られるのは、この図から何秒後のことか?」と言い換えられます。

 

つまり、B地点が図のA地点にたどり着くまで、何秒かかるのか、を計算すればよいのです。

地球の自転は、24時間で1周します。

今回は地球の1周は40000kmと定められているので、地面は24時間で40000km動いていると考えられます。

いま知りたいのは、B地点からA地点までの自転はどれくらいかかるのか、なので、ABの長ささえ分かれば、あとは計算するだけですね。

AB=ACとしてよいので、三角形OACについて、三平方の定理を使ってACの長さを求めましょう。10mは0.01kmなので、

 

 

ACの2乗=OCの2乗-OAの2乗 AC^2=(6400+0.01)^2-6400^2 AC^2=(6400^2+6400×0.01×2+0.01^2)-6400^2 AC^2≒6400×0.01×2 AC^2≒128 AC≒11.3  つまり、ABの長さは11.3kmとなります。

もう答えは目前です。

地面は24時間(=86400秒)で40000km動くことを考えると、11.3km動くのにかかる時間は、 11.3÷(40000÷86400)≒24.4秒  小数点第一位を四捨五入するので、正解は24秒となります。

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

さあ!受験生としての心構えを!!

2/25(日)、新中学3年生の合同説明会を行いました!

塾生だけでなく塾外生の参加もあり、多数様のご参加、有難う御座いました!

まだ中2ではなく…新中学3年生として、

既に高校受験生としての1年は始まっています。

 

あとで後悔をしないように1日1日歩みを進めていきましょう♪

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

灘中学校入試問題

タイトルの件、ネットでも話題になってます。

 

 

平成30年度灘中学校入学入試問題の抜粋です↓

——————————————————————————————

条件

  • 地球は完全な球体とし、半径6400km、円周40000kmとして計算してかまわない。
  • A地点とB地点はともに赤道上とする。
  • hは十分に短いので、ABの長さ=ACの長さとしてよい。
  • 観測者の身長は無視できるものとする。
  • 斜辺の長さc、他の二辺の長さa, bの直角三角形について、a×a+b×b=c×cが成り立つ(三平方の定理)。
  • 小数点第一位を四捨五入して整数で答えること。

——————————————————————————————

 

これを小学6年生に解かせるとは :mrgreen: 

 

来週、解答をブログでアップします♪

 

 

~ヒーローズ馬渕校

よむぞう

高大接続改革という日本の教育の大きな変革期の中、静岡市内のヒーローズでも2018年度のカリキュラムとして【読解力】に特化した学習プログラムを導入する事が決定致しました!

 

読解力を育成する(家庭)学習プログラム『読む蔵』

本を読め!読め!言ってもなかなか意欲的に読んでくれないんですよね 😐 

我が子もなかなか読んでくれません。

 

そこを打開するべく、導入の新学習プログラム『読む蔵』

新学期より実施開始となりますので、ご興味がある方はぜひ一度体験を!

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

チューリップ

2月15日、参観日に行ってきました!

 

あるテーマの発表会で【発表】【質問】と現代の学校教育である“アクティブラーニング”でした。

 

教室の壁面には様々な掲示物が貼られている中…

 

 

チューリップに対する声掛けとチューリップの返答の吹き出しなのですが、

他の生徒が

 子「はなさかせてね」

 チューリップ「うん」

とチューリップの返答が簡易的な中、我が子はしっかりと書けているじゃないか 😛 ⁉

 

うん、うん、、、う、ん??

 子「きれいなまっかなチューリップになってね。」

 チューリップ「じゃあたっぷり水あげてね」

 

なんだ、この条件付きの愛情は 😯 

まっかも「ま」だけカタカナだし。。。

 

キレイに咲いてほしければ水をしっかりとくれ!

ヤなロジックwww

 

『○○やったら××』って発言に気を付けなければ…

 

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

♬宣伝♬

 

タイトル通り、宣伝です!

生徒から頼まれまして…

 

3月21日(

大里中

開催‼

in静岡市民文化会館大ホール

 

生徒も在籍している吹奏楽部の演奏会が開催されます。

卒業する3年生も参加するという事で行きたいな… 😛 

 

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

春はいずこに…

立春:2月4日(日)

 

一昨日、立春を迎えました。

二十四節気の1つで、冬が極まり春の気配が立ち始める日とされています。

しかし本日のニュースでは『福井県で車が1500台立往生 自衛隊派遣』というニュースが入ってきました。

静岡でも先日雪が降りましたし、今年は本当に寒い~ :mrgreen: 

 

まもなく盛り上がりを見せるであろう★平昌五輪★

現地は日本以上に極寒のようですね!

 

2/9開会式

  ~2/25閉会式

 

寒さを吹き飛ばす嬉しいニュースが期待されます!

 

公立高校受験生は3/6が決戦の日となるので、TV観戦に熱中している時間がありませんね(汗)

五輪の金メダルより公立高校全員合格の方がウレシイ。。。

 

~ヒーローズ馬渕校~

日曜★教室開放★

本日2月4日は日曜日ですが、私立高校受験直前の為、教室を開放しました!!

 

高校受験生が自主的に多数参加し、各々、自己分析した苦手単元を一生懸命取り組んでいました。

私立高校受験は2月6日。

あと2日で決戦の日を迎えます。

 

ここまで来たら、あとは平常心で臨むのみ!

明日の試験前日は“心を整えて”早めの就寝を心掛けましょうね♪

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

私立高校入試倍率発表!

1/30、いよいよ私立高校入試の倍率が発表されました!

いよいよという感じですね!!

 

県内平均の志願倍率は2.64倍で、昨年を0.02ポイント下回っています。

 

塾生の受験する学校としては…

藤枝明誠(普通) 4.74倍

静岡北(理数) 4.44倍

静岡学園 4.18倍

これらが高倍率TOP3でした。

 

特に静岡北(理数)は昨年受験者数314名であったのに対して本年400名受験予定と、

倍率が下がった高校が多い中で、群を抜いております。

倍率がどうあれ、自分自身の全力で臨めば、結果・成果はついてきます!

 

残り6日!悔いのない様に全力で取り組もう♪

 

 

~ヒーローズ馬渕校~

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ