スタッフブログ

変化する学校教育【静岡本通校/葵区】

学習指導要領とは、日本教育の大まかな指導目標です。学習指導要領があることで、全国のどの地域にいても同じレベルの教育を受けることができ、時間割はこれを基準に組まれているので、学習指導要領が変わると、教科書や授業の内容が変わります。ですから、高校の学習や大学入試が変わっていくということにまでつながる、教育全体への大きな影響になるのです。

 

学習指導要領は、10年ごとに見直されてきているということをご存知でしょうか?今回、小・中・高校で全面的に見直され、2020年から順次実施されていく予定となり、最近話題の『プログラミング教育』や、5~6年生で教科になる『英語』、『アクティブラーニング』が対象になっています。

 

改訂される学習指導要領の中には、『思考力・判断力・表現力を育むことを重視する』とあります。自分たちの頃にはなかった教科が新たに実施されることで、不安を覚えている親御さんもきっと多くいらっしゃいますよね。しかし、新学習指導要領のポイントをおさえることで、どんな授業が行われるのかな…と予想できるかと思います。「自分たちの受けた授業とはずいぶん違うな。子どもに聞かれてもわからないかも。」と案じる前に、教育がどのように変わっていくのか知っておく必要がありますね。

 

これまでの教育では、学校で学んだことを知識としてどれだけ理解しているかということが大きな評価のポイントとなっていました。「授業→試験→評価」という、流れですね。しかし、教育改革では知識の習得だけではなく、習得した知識をいかに表現・アウトプットできるかが重視されています。そのため、これまでのように先生の話を座って聞くという授業だけではなく、「アクティブ・ラーニング」という子供たちが発表したり、議論したりする、子供が主体となる授業が取り入れられていきます。アクティブ・ラーニングは「発見学習」「問題解決学習」「体験学習」「調査学習」「グループワーク」「ディベート」「グループディスカッション」が学校教育改革の大きな柱となります。

 

具体的には、小学校3年生から英語教育が始まり、小学校5年生からは、現在中学1年生が習っている英語を学習します。小学生で言えば、プログラミング授業の開始も、その一つですね。当然、中学生の英語は高校からの内容を学習する事となり、単語量もアップします。高校の授業は日本語禁止の英語オンリーで進める内容となり、大学入試に至っては、センター試験から共通テストに変更されますね。

 

未だ、解決されていない問題もあり、不確定な内容もありますが、今後の教育改革の話題にはアンテナをはっておく必要がありますね

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
個別指導学院Hero’s 本通校
教室直通:054-251‐5220

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ