スタッフブログ

先日から定期テストの返却が行われる学校が多いですね。

みなさん結果はいかがだったでしょうか?

 

勉強の成果が出る子もいれば、次回は頑張ろう!という子もいたと思います。

テスト返却後というのは、なかなか勉強をしよう!という気持ちになる子は少ないです。

しかし!テスト直しというのは早いうちにやることがベストです!

今回は復習の仕方について書いていこうと思います。

 

定期テストの復習の仕方

定期テストはテスト範囲が限られている、という点です。そのため、定期テストごとにしっかりと復習をすることは、その分野の穴をしっかりと埋めることができるチャンスです!

 

返却されたらすぐにとりかかろう!

テストの復習がおろそかになりがちなのは、解いてから時間が経っているため面倒くさくなってしまうのが原因だと思います。

そこで、「返却されたらすぐ復習!」を鉄則にしましょう。
「あとでいいや」と思っているとますます復習するのが嫌になってしまいます。

テストが返却されたら、当日のうちに学校で解答を確認してパッと見てよくわからないところはその日のうちに質問しましょう。

そして、その日の帰宅後に家でしっかりと復習をしましょう。

定期テストの具体的な復習方法

学校でテストの解説が行われた場合は、先生の解説で大事だと思ったところは必ずメモを取っておきましょう。
わからなかった問題のメモを取るのは当たり前ですが、部分点しかもらえなかった問題、テストを受けた時に悩みながら答えた問題についてもしっかりと解説を聞きましょう。

そして、自宅に帰ったら、悩んだ問題・間違えた問題全てについて、何が原因で間違えたのか分析しましょう。
この分析をノートに書きためると良いでしょう。

全ての分析が終わったら解き直して自力で解けるまで練習しておきましょう。

また、分析した結果、「やるべきことが本来はもっとあったのにやる時間が足りなかった」ことがわかったりすると思います。
このような時は、今回のテスト勉強の計画を振り返って、次回のテストの時に「いつから」「どのようなペースで」テスト勉強を進めていくのかという計画の改善に取り組みましょう。

 

 テスト復習ノートを作ろう

定期テスト分析しても、すぐ忘れてしまうのは当たり前です。
そこで、テスト用の「復習ノート」を作る事をオススメします。

間違えた問題の概要と、間違えた原因の分析、その周辺知識の3点をまとめていきましょう。
問題をコピーして貼り付けるのも良いでしょう。
数学の計算ミスで悩んでいる人は多いと思いますが、計算ミスもしっかりと復習ノートにまとめておきましょう。
なぜなら、自分がしやすい計算ミスの傾向は必ず存在するからです。

そして、復習ノートを作っていれば、テスト前に読み返すと自分の間違いやすいところ、抜けがちなところが確実に把握できてテスト中に気をつけることができますね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 

 😀 個別指導学院Hero’s 清水町湯川校 😀 
教室直通:055-976-5477

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ