スタッフブログ

テストが・・・始まります【下土狩駅前校/駿東郡】

10月もすでに後半、そうなってくると、いよいよ、あいつらがやってきます。

 

中間テスト

 

学校によっては、11月の2週目に行うところもありますが、早いところでは来週には行うところもあるようです

 

これまでのテストでは、数学では計算問題が、英語では、基本的な文法事項など、テストの形式は別として、

単元自体はそれほど難しいものは出されてきませんでした

 

しかし、今回のテストからは、1,2,3年生ともに関数の分野に入ったり、英語では3人称、不定詞、関係代名詞

といった、各学年でも難易度の高い文法問題が出題されてきます。

 

しかも、これまでのテストの形式と比較すると、どの学校もテスト自体の難易度が

高くなってきている傾向にあります。

 

例えば、これまではワークの内容が頻繁に出されていたにもかかわらず、それらの出題が減ったり、

理科・社会では記述問題が増えてくる、数学では文章題の比率が多くなるなど、

ただ単語を覚えればいい、公式を覚えればいい、といった教育は通用しなくなってきております。

 

先ほど、ワークの出題が少なくなってきているといいましたが、理社においては、後ろのページに

記述の練習問題や、単語の確認問題がついているものが多くあります。それらを繰り返し解いていく中で、

反復を図る、板書だけを写すのではなく、先生の言葉をメモする、実験や考察をもう一度見返すなど、

できることは多くあります。

 

そういったことを残り僅かの時間の中で、もう一度行っていってほしいと思います。

 

また、中学3年生にとっては、内申点を決めていく上で、非常に重要となるテストです。

 

これまでのように

・何がダメだったのか

・次はこのようにしてみよう

・計算ミスをなくそう

 

こうした反省から次へとつなげていく…

 

そのチャンスはもうありません。

 

もし、これまでと同じように過ごしていたら、これまでと同じような勉強をしていたら、

点数を上げることは難しいでしょう。

 

ちょっとした心の油断、隙ができぬよう、残り僅かな時間を過ごすようにしましょう。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■□個別指導学院Hero’s 下土狩駅前校□■
   教室直通:055-987-1810

 

 

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ