スタッフブログ

変わる中学英語教育!【静岡本通校/葵区】

前回「小学生英語教育」についてご紹介しましたので、今回は「中学校英語教育」についてご紹介しようと思います。2020年から始まる教育改革に含まれる「英語教育」、変わるのは小学生だけではありません。今まで中学生から始めていた分野を小学生から学習を始めると言う事は、そうです!高校で学んでいた分野を中学で学ぶ事になります。実際に、どのように変化するのかをお伝えしていきたいと思います!

 

中学英語ではオールイングリッシュが基本に!

より対話的なコミュニケーションを重視し、その手段となる「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に学ぶ為、2021年度からの授業はオールイングリッシュ授業で即興性を磨きます。また、日常的・社会的な話題について情報や考えを伝え合ったり、スポーツや音楽など関心のある事柄について即興で話したり。さらに、自分で内容をまとめてスピーチなども行います。

 

英語の学習量が増加!

冒頭にもお伝えしましたが、高校で学んでいた分野が中学で学ぶ事になると言う事は、中学校で学ぶ単語数が増えると言う事です。これまで中学で学ぶ英単語は約1200単語とされていましたが、それを大幅に上回り、1600~1800単語になります。また文法では、これまで高校生で学習していた現在完了進行形 ・仮定法などの文型を中学校で学習する事となります。


小学校から中学校に渡り、来年度からは変更点が盛りだくさんの英語教育…。早い段階で英語コミュニケーションに慣れ、基礎を身につけておくことが大切ですね。

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
個別指導学院Hero’s 本通校
教室直通:054-251‐5220

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ