スタッフブログ

国語の学習法【静岡本通校/葵区】

国語力を上げるために必要なものは??

 

まず、国語とは「本文中に書かれていることをどう答えるか」という教科だと考えましょう。答えは必ずと言って良いほど本文中に書かれているのです。国語の説明文・論説文では、必ず筆者の言いたいことが書かれてあります。ただ、それを「具体例」「エピソード」「比喩」などを使って長々と表現しているだけです。そう考えると、答えは案外と簡単に見つかったりします。物語文では、登場人物の心情を読み取ることが大切です。「登場人物の心情なんて分からない」と思われるかもしれませんが、実は、本文中にヒントや答えが隠れているので、それを探す問題だと思えば、国語の苦手意識は薄くなるのではないでしょうか?


国語力を伸ばすには、まずは「音読」が大切です。音読には、ワーキングメモリーと呼ばれる記憶力を鍛える効果があります。国語の問題を解く前に、まずは音読して(声を出して読んで)みましょう。音読が大切な理由は、読めない字(言葉・文)はいくら読んでも意味は分からないからです。また、目で見る、声に出して読む、その声を耳から聞くといった、視覚や聴覚を使って練習することも大切だからです。音読が不十分な場合は、すらすら読めるようになるまで繰り返し練習しましょう。また、音読が終わった後は文章の要点をまとめてみましょう!

 

次に、どれだけたくさんの単語(言葉の意味)を知っているかということです。ことわざや四字熟語などの慣用表現を知っていることも語彙力に含まれます。この語彙力は、国語力・読解力の基礎となります。分からない単語が多ければ多いほど、全体の意味を読みとることが難しくなります。語彙力を高めるには、知らない単語やわからない表現に出くわしたとき、意味を知ろうという意識を持つこと、意味を考えたり調べたりする癖(習慣)をつけることが大切です。もちんろん漢字力も必要になりますのでお忘れなく。


国語の説明文・論説文で特に重要なのが、正しく意味を読み取ることです。正しく意味を読みとるとは、本文に書いてあることを答えるのであって、当てずっぽうや自分の思いこみで答えないということです。国語が苦手な人は、「目では文章を追っているが、意味までは読みとれていない状態」で読んでいる事が多いです。その為、本文には書かれていないことを答えてしまうことが多く、”何となく”読んでいるだけになっているケースになりやすいです。これを防ぐために、今度は段落ごとに書かれている要点を一言ぐらいでまとめてみるようにしましょう。

 

今回は3つのポイントのみとはなりますが、国語が苦手と言う方は是非一度お試しください。

 

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
個別指導学院Hero’s 本通校
教室直通:054-251‐5220

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ