スタッフブログ

理系と文系の違いは??【静岡本通校/葵区】

文系と理系について以前ブログでご紹介した事がりますが、「そもそも理系と文系との違いは?」についてお話ししようと思います。皆さんも言葉では理解していると思いますが、その両者の違いって分かりますか?そう聞かれると意外と分からない方が多いと思います!

 

一般的には、文系は国語が得意な人、理系は数学が得意な人の事を指します。しかし、それはあくまでも勉強面だけの話で、人間性な所では全く話が変わってきます。理系と文系の違いを知れば、お互いの理解がより深まります!また、知っておく事でそれぞれの対処にも役立つと思います!

理系と文系は考え方から違います。理系は一つの物事に関して、なんだかんだと理屈っぽく細かい事を気にします。対して文系は、理屈はあまり気にせず感情で動きます。頭で考えるより体が先に動くタイプですね。体が動いた後でその行動の意味を探すのです。また、理系は常に冷静です。自分を客観視出来ているので、どんな時でも冷静さを失いません。冷静さを失っても、スグに取り戻す事が出来ます。文系は情熱的です。冷静でいる事は難しいです。冷静に考えて行動するより、感情に突き動かされるのです。そして、その全てが情熱的です。理屈を考えて行動しない分、感情が行動に現れやすいです。

 

理系と文系の違いは人付き合いにも出ます。理系は人付き合いが苦手です。まず、理系は会話が苦手ですからね。自分の頭の中では理論を完璧に構築しています。しかし、それを人に伝えるのが苦手なのです。対して文系は人付き合いが得意です。会話が上手でコミュ力も高い。人と接する事も大好きです。ですから、文系は人付き合いが全く苦ではありません。

 

理系と文系は道具の考え方も違います。理系は道具を見る時、機能性を重視します。この機能は何に使えるのか?どうやって使うのか?そして、効率が良くなるのか?そういう所を重視します。対して文系は、機能性は重視しません。それよりも、見た目を重視します。文系はオシャレな人が多いです。なので、オシャレでない物は使う気にすらなりません。機能は最低限の物が備わっていればそれで良いんです。

 

理系と文系の違いは、こんなにも多く存在しているんです!全てが当てはまるとは思いませんが、理系・文系の一つの目安になるのではないでしょうか?しかもそのどれもが全然違いますが、それぞれが個性だと思います!正解も不正解もありませんが、それぞれの個性を楽しみましょう!

 

 

次┃の┃ヒ┃ー┃ロ┃ー┃は┃キ┃ミ┃だ┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
個別指導学院Hero’s 本通校
教室直通:054-251‐5220

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ