スタッフブログ

インフルエンザ予防!【登呂校/駿河区】

今年は早い時期にインフルエンザによる学級閉鎖が発生しています。その為、予防接種の予約を取るのが大変なんて方もいらっしゃったのではないでしょうか?受験生にとっては大事な時期ですので、体調には十分に気をつけたいですね。

皆さんはインフルエンザについて、どこまでご存知ですか?一般的に知られている事もありますが、実は…なんて事もあるかもしれません。ですので、本日はインフルエンザについて紹介したいと思います。

 

皆さんもご存知だと思いますが、インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して起こる「感染症」です。インフルエンザウイルスには A型、B型、C型があり、ヒトに流行を起こすのはA型とB型です。A型はヒト以外にもブタ、ウマなどの哺乳類やカモ、ニワトリなどの鳥類などに感染します。一方、B型の流行が確認されているのはヒトだけのようです。

 

A型インフルエンザウイルスは144通りの亜型に分類され、感染後に体内の免疫反応を引き起こす抗原としての性質(抗原性)が異なるため、以前に同じ亜型のインフルエンザにかかったことがあっても、その年に流行している亜型に合致する免疫を持っていないとインフルエンザにかかります。簡単な説明にすると、A型インフルエンザだけでも144種類存在する為、1年に何回もインフルエンザに感染する可能性があるという事ですね。

A型・B型インフルエンザの流行には季節性があり、国内では例年12月~3月に流行し、短期間で多くの人に感染が拡がります。例年の季節性インフルエンザの感染者数は国内で推定約1,000万人とされます。

 

インフルエンザとかぜ(感冒)はどう違うのでしょう。一般的に、かぜはさまざまなウイルスなどによって起こる病気です。その症状はのどの痛み、鼻汁、くしゃみ、咳などが中心で、強い全身症状はあまりみられません。発熱もインフルエンザほど高熱とならず、重症化することはあまりありません。
一方、インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで起こる病気です。症状として、普通のかぜ のようなのどの痛み、鼻汁、咳などの症状もみられますが、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛・筋肉痛、全身のだるさ(倦怠感)などが比較的急速に同時に現れる特徴があります。また、小児ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している人では肺炎を伴うなど、重症になることがあります。ですから、インフルエンザの予防が大切になるのです。

 

インフルエンザの流行は主に冬季に、地域や学校などで起こります。ワクチンを予防接種すると、インフルエンザウイルスに対抗するための抗体を作らせることができます。その年に流行するインフルエンザは毎年予測され、予防接種のためのワクチンが作られます。予防接種でインフルエンザウイルスの感染を完全に予防することはできませんが、インフルエンザにかかる人や、重症化して入院する人を減らせます。なお、現在日本で使われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、インフルエンザウイルスの感染力を失わせて人が免疫を作るのに必要な成分だけを取り出して作ったものです。インフルエンザワクチンには感染力がないので、予防接種によってインフルエンザを発症することはありません

 

予防接種を受けても感染はしますので、日常生活の中でインフルエンザを予防することが大切です。通常のインフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスの感染は、せきやくしゃみによる飛沫感染(感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む)接触感染(感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触るによってウイルスが体内に入ること)で起こります。そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう。

 

予防として、普段から十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておき、人が多く集まる場所から帰ってきたときには手洗いを心がけましょう。また、アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的ですので是非試してみて下さい。インフルエンザのピークはこれからになりますので、備えと対策を確りとしておきたいですね。

 

個別指導学院Hero’s登呂校

 

 

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ