スタッフブログ

中学校での英語教育【馬渕校/駿河区】

中学校での英語教育に当たり、ICT環境の調査が行われたようです。

 

なぜ、英語教育でICTが必要なのでしょうか?

 

その理由としては、今、小学校教育でも言われてる「読む・書く・話す・聞く」の

4技能の習得というものがポイントとなっております。

 

今回ニュースになっていたものは、PCを使って自分の発音などを記録するといったような

ことに使用していくようです。

この使い道ですが、2019年度全国学力・学習状況調査で「話すこと」の実施に当たり、

使用していくとのことです。

 

この「話すこと」の実施に関しては、まだ実施予定ではありますが、これからの高校受験の改革や

4技能の習得に向けた動きから、これまでの塾での教え方や内容など、受験対策など新たなカリキュラムを

模索していく必要がありそうです。

 

英単語を覚える時もそうなのですが、単語の綴りは覚えているが、発音がわからないという生徒も

少なくありません。

これまで「書くこと」や文章を「読むこと」に関しては問題がなかった生徒で、この新たな取り組みの中で

これまで問題にならなかったところが、新たな弱点として登場するかもしれません。

 

英検の2次試験のように、ただ覚えるだけでなく、実際に使用することができる英語、

実用的な英語を身に着けていくことが必要となります。

 

テストの傾向が変わってから対策するのではなく、その変化に向け、今できることを少しずつでも

進めていかなければ間に合わなくなってしまいます。

 

ぜひ、そういった情報に耳を傾け、危機感を持っていきましょう!

 

 

 

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ