スタッフブログ

褒め方の話【馬渕校/駿河区】

褒め方の話です。

 

補習塾に来る子は、大体の場合

 

「塾に通わせる程度に親の意識が高い」

「けれど、早い学習段階でつまずいてしまって、そのフォローをされないまま学年が進んでしまった」という印象があります。

 

だから、親の意識と子どもの成績にギャップがある場合が多く、そのギャップが親子関係にも影響してしまっているケースがかなりありました。

 

親としては、頑張って励ましたり教えたりしているつもりなんだけど、(教えるべきポイントがずれているので)全然成績が上がらない。だから、ついつい「分からない」「出来ない」ことを責めてしまう。

 

すると子どもは勉強することが嫌になってしまうので、今度は勉強しないことで叱ってしまう。場合によっては他の子と比べてしまう。ますます勉強が嫌いになる。

典型的な悪循環です。

要は、家庭でも学校でも散々叱られて自己肯定感ボロボロ、勉強に対する苦手意識は富士山より高く、という子が殆どだったんです。

 

勉強を教える時は、教えられる側のチャンネルがある程度開かれていないとどうにもなりません。

「どうせぼくなんて」モードだとどんなに分かりやすく教えても頭に入らないので、まずある程度「出来そう」「出来るかも」という気持ちになってもらう為に、「褒め方」というのは非常に重要なテーマでした。

 

次回はその具体的な内容についてお話したいと思います。

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ