スタッフブログ

学校年度は何故4月からなのでしょう・・・

本日、午後からは生憎の天気となってしまいましたが、市内の公立小学校・中学校では入学式や始業式が行われ、新年度の学校生活がスタートしました。さて、皆さんは何故学校では4月から3月を一つの年度として区切っているのか疑問に思った事はないでしょうか?本日は少し歴史を紐解いてみましょう。

 

そもそも年度には、会計年度・学校年度・麦年度・いも年度・大豆年度など、さまざまな年度が存在します。会計年度については、明治時代から4月に定まったとされています。政府は明治時代から税を現金に換えた為、農家の納税は秋の米を収穫し、それを現金に換えてからになりました。その為、農家の納税を踏まえて政府が予算を編成すると1月スタートでは間に合わず、4月スタートとする事が都合がよかったと言われています。また、当時は非常に多くの制度を外国から取り入れており、世界一の経済力を誇ったイギリスが経済年度を4月からとしていた為とも言われています。

 

当時の学校も国や県から補助金の支給を受けておりました。補助金は政府の会計年度である新年度の4月に支給されており、学校も4月を新年度とする動きが多くなると共に、政府が学校年度の統一を指導するようになり、現在の学校年度が定まったとされています。

 

歴史を辿ると面白いですね。機会があれば、また歴史を紐解いてみたいと思います。お楽しみに・・・。

 

 

個別指導学院Hero’s登呂校

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ