スタッフブログ

おいしい水

趣味の世界のブログです。

 

おいしい水って、皆さんにとって、どんな水でしょうか?

イメージするものが、人それぞれ違うと思います。

そもそも、水に味の違いがあるのでしょうか?

 

実は、水には味の違いがあります。

当然、某ペットボトル飲料ように、味がついているのに無色であれば『おいしい水』なのですが・・・(笑)

ただのミネラルウォーターでも、味の違いがあったりします。

 

ミネラルウォーターの成分表示などを見ると、『硬度』という表示があります。

硬度は、カルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg)、ナトリウム(Na)などのミネラル分で決まります。

このミネラル分が多い方が『硬水』、少ない方が『軟水』と呼ばれています。

 

非常に硬度が高くて有名な水が、Contrexという水です。

おそらく世界で一番、硬度が高く、1500を超えてきます。

味はというと、カルシウムもマグネシウムも、基本的には金属なので、金属的な味がします。

例えるなら、何かの失敗の拍子に舐めてしまった鉄棒の味という感じです。

また、水の割にはトロっとしている印象があるのも特徴です。

 

日本の水は軟水に位置しているので、硬度は低いです。

採水地などにもよりますが、おおよそ30~100くらいです。

日本人にとっては、飲み慣れた味のため、飲み比べをすると、だいたい日本のミネラルウォーターに人気が集中します。

 

また、カルシウムもマグネシウムもほとんど入っていない純粋な水は、雨水をイメージしていただければいいのですが、殆ど味がないため、逆にマズいそうです。

味を決めている硬度は、雨水が地中に浸透するときに水に溶け込む成分だからです。

 

興味が湧いた方は、ぜひ、飲み比べてみてください。

 

‥‥☆‥‥★‥‥☆‥‥★‥‥☆‥‥
  個別指導学院Hero’s 馬渕校
     TEL:054-266-7662
‥‥☆‥‥★‥‥☆‥‥★‥‥☆‥‥

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!
まずは資料請求してみる
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ
電話でお問い合わせる。各教室一覧へ